FC2ブログ
2017/07/12

「脳のダメージ」という現実を受け入れる

PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link
断薬712日目

知恵袋の減断薬に関する相談が後を絶ちません。
そして、それに対するまともな回答がほとんど無いことを危惧しています。
なぜ、減断薬の経験もなく、アシュトン・マニュアルも読んだことのない(と思われる)方の回答が乱立しているのか?
とても不思議です。

今日も一つ回答したのですが、
この回答をどう捉えるかによって質問者の方の方向性が変わってきます。

私の回答には必ず、「脳のダメージ」 「脳の変化」 という言葉が入っています。

ベンゾの影響に関して知識の無い方が 
「ベンゾ長期使用で 脳が構造的変化が生じ、ダメージを受けていること」
という現実を受け入れられない方がいます。

何も知らないまま薬を飲まされて、いつの間にか止められなくなり、知らぬ間に脳に構造的変化が生じている。
ショックだと思いますし、その現実を受け入れられないのもわかります。

しかし そこを受け入れることが減断薬を成功させる鍵だと思っています。

長期に渡ってベンゾに晒された結果 脳に構造的変化・ダメージが生じていること。
それを、減薬することにより、年単位の時間かけて回復させる必要があること。

これら受け入れ、理解し、先に進める人が減断薬を成功させることが出来ると思います。

1565874693344.png
記事はどうでしたか?
ベンゾ情報拡散のため
応援クリックお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング

Sponsored Link

関連記事

コメント

非公開コメント

1/32 

ワイパックスさん
減薬をカッターナイフでのカットで押し通し
今、1/32(0.015)のカケラを毎朝服用しています。
止め際が分からなく今ワイパックスさんの過去の減薬を
みていました。私もゴールが目前です。
ですがこの暑さで体もバテ気味なので自信のつくまで
このままカケラを服用しょうと思っています。
効く量でもないですが気持ちにも自信がつくまで。
それにしても暑いです。
夏場の断薬は控えた方が良いのではと思いました。
減薬中のみなさん無理なさいませんように・・・

ころんさんへ

もう断薬間近ですね。
気持ちに自信がつくまで断薬しないのは良い選択だと思います。
そこまで減らせば、依存や常用量離脱等のリスクからは遠ざかっているので、焦って断薬する必要はないと思います。

焦らずにぎりぎりまで微量で低空飛行を続けて、踏ん切りがついたら着陸すれば良いと思います。
自信がつかなければ、もっと刻んでみるのもありです(カッターで刻むのが可能な範囲で)
際限なく微量を目指せば、そのうち飲み忘れる局面も出てくると思います。
そうすれば自然と断薬出来ると思います。
夏場は無理しないのは得策かもしれませんね。

心強い!

お返事有難うございます。
ここまでたどり着き肝心なときの指南心強いです。
焦らず今まで通り超スローで行こうと思います。
体調はエアコンのせいか離脱症状か暑さのせいか
夜は入浴するのもやっとと言うぐらい体が重だるいです。

ころんさんへ

みなさん、焦らずゆっくり減薬して、成功されているので、大丈夫!

あと、この時期は、普通の方でも、温度差で体調崩しておられる人かなり多いので、あまり心配しないようにしてください。
心配やクヨクヨは、脳が疲れてしまい(脳疲労)、私のように慢性疲労になって、夏バテ(軽熱中症)・熱バテしてします。
(今年は2回もやってしまったので減薬がすすみませーん・・w)

夏バテ予防には、炭水化物と甘いものとタンパク質。
そして何でも食べることです。栄養が大事です。

あと、どうしてもだるいなーという時だけOS-1を飲んでおきましょう。
※電解質が乱れていない場合は不要ですが、飲みすぎにも注意。

その量で、離脱症状はほとんど感じない程度だと思いますよ。
薬理的効果(ベンゾの杖)1%未満 心理的効果(自分のGABA受容体)99%以上なので、症状が出ても、薬ではなく、心理的なものだと思います。

いきなりの暑さと、連日の真夏日で、そしてエアコンの使い始めなどで、自律神経の乱れが出ているのだと思います。

エアコンの温度管理と、暑い部屋とエアコンの効いた部屋の出入り回数だけは気を付けてください。

それと、ポジティブにメリハリのついた日常生活送りましょう。
夏は、暑いのは当たり前です。考えても無駄なエネルギーです(´д`)
↑これ、自分に言ってるのですw

ホリゾンさん

ホリゾンさん
貴重なご忠告ありがとうございます。
確かに体調不良の原因の一つに温度差があります。
先日暑い中デパートへ、デパートでは涼しさ通り越し寒いくらいで
持参の上着を着ました。所用が済みまた暑い街中へ。
日常のエアコンで足が体が~重だるいです。
なので何でもベンゾのせいにしないでおきます(笑い)
それと長期の睡眠不足(5時間)が自律神経を乱した原因だと思って
今は6時間半睡眠を確保しています。
皆さんは何時間睡眠なのでしょうか。
私は23:30就寝~6:00起床の生活しています。


ころんさん

今日は、非常に暑くて、涼しい部屋と暑い所の出入りが激しかったので、結構乱れていますね。疲労感がすごいです。

ただの冷房病&夏バテなのに、昔はこれもベンゾのせいにしてたから恥ずかしい・・
今回は、長期ステイしいるので、ベンゾの影響は出ていないので、自律神経失調症ですね。ジアゼパムなので、血中濃度は変化なしの単剤処方なので、普段の生活がどれだけ悪いか、わかりやすいですので現在、生活習慣を見直し中です。


食べ物でもだいぶ変わってきますね。
トリプトファンを多く含んでいる食材は、和食が良いとされていますね。鯖とか乳製品とか。

自分の場合、寝る前にホットミルクを飲んでから30分後に寝ています。温めればおなか壊さないので。
ホットミルクはトリプトファンを含んでいるので。
(トリプトファン←セロトニンの材料←メラトニンの材料)
※睡眠効果を高めることはできません。1L飲まないと全く足りないので(笑)
あくまでも、就寝前の入眠をよくするためのリラックス目的で飲んでいます。

ちなみに私が寝ている時間は、23時~23時30分ごろです。
起きる時間は7時固定です。平均7.5時間ですね。

睡眠時間5時間は「睡眠負債」があると思いますよ。
その睡眠負債は、蓄積されるので、ストレス化していきます。

NHKでも取り上げられていましたね。
http://www.nhk.or.jp/special/sleep/
日本人の平均睡眠時間は6.5時間で先進国では最悪だそうです。

今後の課題

ホリゾンさん
私は生活の見直しをしないといけないようです。
ホリゾンさんの起床時間「固定」をパクリ私は
就寝時間の「固定」を努力したいと思います。
6時間半睡眠にしたけれどまだ日中眠いのは朝の
ワイパックス服用のせいと思っていましたが
睡眠不足だったのかもしれません。
ホリゾンさんの7時間半睡眠には驚きです。
何でもかんでもベンゾのせい、そのくせ今朝もベンゾを飲んだから
大丈夫という生活をしていました(恥)

常用量離脱からの減薬

はじめまして、ブログはいつも参考にさせていただいております。自分はソラナックスと20年の付き合いで、既に常用量依存を起こしています。もう減薬しかないと考えています。多少の焦燥感や無気力があっても、漸減を進めていって良いものか日々悩んでおります。何でも結構ですのでご意見がいただければありがたいです。

jinさんへ

はじめまして。jinさん
常用量離脱は厳しいとは思いますが、常用量離脱の状態から断薬した方もいるので、減断薬は可能だと思います。

月並みですが、微量ずつ時間かけて減らし、脳(GABA受容体)を回復させるしかないと思います。
減薬し、ベンゾのつっかえ棒が減った分を脳の回復によって自力で働いてもらうように仕向けていくのです。

常用量離脱が出ていない場合なら、ベンゾがある常用量の状態で安定しているので 減薬→離脱症状が出る→脳が回復して離脱症状が収まって安定する→次の減薬というサイクルで減薬が可能です。
常用量離脱が出ている場合は、既に減薬している状態と同じですので、更に減薬すると症状が酷くなると思いますが、微量ずつ減らして、なるべく離脱症状が耐えうる範囲内に収めながら、徐々に血中濃度を下げていけば、ベンゾが減った分 GABA受容体が戻ってくると思われます。
GABA受容体が回復してくれば、常用量離脱の症状も段々と軽くなってくると思われます。

ベンゾを減らした分、GABA受容体が回復し、脳が自力で働く割合が増えていくことをイメージしながら、減薬していくといいかと思います。

常用量離脱

早速のコメントありがとうございます。実は、少しでも安定を図ろうと、2週間前よりセルシンを8ミリ(2×4)上乗せしています。朝の離脱が少し楽になりました。本当は増やすことはしたくなかったのですが、何人かの人が「安定のための増量は必要」と唱えていたためです。果たして正解なのかはわかりませんが、かえってGABA受動体を甘やかしてしまっているのでしょうか?これ以上の増量は避けたいですが、安定する可能性があるならあと少し増やすのもありかな?とも思ってのことですが、これは良くないでしょうか?精神科医はもっと強いクスリを勧めて来ますし、抗うつ薬も使うよう言ってきます。とにかく、今はQOLが低く、自分でだした苦渋の選択です。答えにくい質問で申しわけありません。

jinさんへ

私も増量はしてましたし、QOLの確保は重要です。
ただ常用量離脱の場合は、増量すると更にGABA受容体が減少し、常用量離脱が更に悪化する。逆にGABA受容体を回復させようと減薬すると更に離脱症状が悪化するというジレンマがあり、なかなか難しいです。
苦渋の選択、お気持ち良くわかります。

難しい所ですが、まずはQOLを確保するのが大事だと思います。
安定したら、少しずつ減らしいけばいいと思います。

常用量離脱

コメントありがとうございます。必死に耐えて減薬してきましたが、やはりQOLが下がり過ぎました。20年も飲んできて甘えたことを言っている場合ではないのかも知れませんが、このまま減薬に拘って苦しむのではなく、一旦増薬に賭けてみようかと思います。どのみち依存は形成されていることには変わりはありませんので、安定さえしてくれればと祈る思いです。前例が無いのが一番の不安です。

常用量離脱

何度も失礼します。あれから、セルシンを服用しても何の効果もなく、さらに医者には、これなら安定するはずと、抗うつ薬(イフェクサー)を処方され、3回服用するもアカシジアが出て、苦しみました。これを乗り越えれば安定するのかとも思いましたが、副作用は半端なく辛いもので、かえって悪くなるばかりなので、抗うつ薬は諦めました。
したがって、不安定なままでの減薬に取り掛かろうと思います。QOLは低く、仕事も休んでいます。午前中は、一分一秒も気の休まる時はなく、酷い時は寝た切りですが、午後になると、少し安定してきて、好きな事ができるので、せめてこの状態を維持しつつ減薬していこうかと思います。多分このまま医者に頼っていたり、安定を待っていたらいつまで経ってもスタートラインには立てないと思いますし、薬を増やす事で快方に向かうこともないような気がするのです。
まずは、1%からでも減薬できればと思います。無謀かも知れませんが、もう残された道は減薬しかない気がします。不躾ですが、ご意見いただければ幸いです。

jinさんへ

増量してもQOLが回復しないとのことで、減薬する方向での英断を尊重します。
アシュトンマニュアルも読んでいない医師に思いつきで薬を増やされ翻弄されるくらいなら、減薬することで多少症状が悪化しても、脳(GABA受容体)の回復というメリットを享受する方がよいと思われます。
同じ症状を耐えるのであれば、微量ずつ減薬することで「脳の回復」というメリットを享受する方がいいように思います。

1%ずつ減薬することで、離脱症状は最小限に抑えられますし、減量したベンゾジアゼピンに応じて脳の回復が見込めると思います。

アドバイスとして

2週間では、薬理効果がやっと定常安定値になるころです。
心理効果の方は私でもQOLの回復に2~3か月かかりました。

ジアゼパムは薬理効果が出てくるのは12日。
メイラックスは23日かかります。
そして、自分の気持ちの切り替えには、数か月かかります。
不眠・不安・こだわり・焦りが、脳の回復を遅らせることが分かっています。

それと、以下の動画を参考になるかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=f_YH4yeXhgM
https://www.youtube.com/watch?v=b9p3lkslF24

https://www.youtube.com/watch?v=tFke0RBTd8g

私もまだ寛解していないので、ここまでしかアドバイスできませんが、焦らず、お大事にしてください。

>ころんさんへ
あまり寝すぎると、自律神経のスイッチの切り替えが鈍くなり、行動にメリハリがなくなり、一日中憂鬱になるので、それだけは注意してください。

常用量離脱からの減薬

早速のご返事ありがとうございます。今朝も、抗うつ薬(イフェクサー)の置き土産のアカシジアが出て戦っていました。たった3回飲んだだけなのですが、この有様です。減薬に入っていけるか心配です。現在、リフレックス(夜)セルシン(2×4)ソラナックス(0.4×6)の服用です。セルシンはいきなり切っても服用期間が短いので良いかも知れませんが、まずはそのままにして、ソラナックスを1〜2%ずつ様子を見ながら減らしていく方向で進めたいと思います。セルシンを増やした分もっと思い切って減らしても良いかも知れませんが、既に常用量離脱を起こしている身なので怖いです。
また、ホリゾンさん、アドバイスありがとうございました。動画早速見せていただきました。参考にさせていただきます。

ホリゾンさん

ホリゾンさんに質問なんですが、投稿内容からすると、これからジアゼパムの効果が出始めて多少なりとも安定してくる可能性があるということでしょうか?あと、心理的な安定も望めるということなのでしょうか?理解不足で申し訳ありません。

jinさん

リフレックスは、SSRI/SNRIの新薬とされているNaSSAなのであり、それは抗うつ薬ですよ。
それに加えて、イフェクサー飲ませようとか、どうかしていませんかその医師。
もう明らかに多剤処方ですので、イフェクサーは絶対手を付けないでください。

そしてソラナックスですが、0.4mg×6=2.4mgですね?
1日に処方できる最大量ですね。
半減期が6-12時間、常用量離脱(ミニ離脱症状)はおそらくその薬でしょう。

セルシンは、8mgで私がのんでいるよりも-0.5mg少ない量ですね。まだ耐性はしてないと思います。
これは、GABAにくっ付きにくいため、耐性するのに時間が結構かかります。
ジアゼパムは別名バリウム。胃カメラでも使用されますので。
私なんかもうバリウム漬けですよ(笑)

ジアゼパムは、半減期が57時間で、常用離脱は、まずありえない薬ですので、徐々にソラナックス→セルシンへ「置き換えていく方法」を取ったほうがいいかと思います。(あくまでも私の推奨です)

その辺の切り替え指導は、医師からは受けていませんか?
見ていると、「セルシン追加投与」になっているみたいなので、それは新たに耐性ついてしまいますので、まずいです。

もし、その医師が、増やすだけの知識がない場合は、ご自身でアシュトンマニュアルを入手して、少し知識を付けて、医師も薬物依存専門の医師に変えたほうがいいと思います。

幸い、「午後になると、少し安定してきて、好きな事ができるので、せめてこの状態を維持しつつ減薬していこうかと思います。」とのことなので、まだ安全ラインなので、ゆっくりと検討して、「ソラナックスからセルシンに徐々に置き換えながら減薬していく」か、「ジアゼパムを使わずに減薬される」か、ご判断ください。

やり方はいろいろありますので、けして焦らないでくださいね。

とにかく、その主治医、私の意見ですが、多剤医師だとおもいます。


心理的な物については、環境ストレス(不安・焦り)が主な原因なので、それが「安心」に切り替われば、良し悪しを繰り返しながら、自律神経の状態は安定してくると思います。

あと、気分ですが、この動画も参考になると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=Wgaao3kVXKk


jinさん

すみません。こっちでした。
https://www.youtube.com/watch?v=PV_VIYczuwI

セルシン置き換え

ホリゾンさん
早速ありがとうございます。医師は置き換えの事を何も教えてはくれませんでした。セルシンを追加したのは単に離脱をなくすためで増薬です。はじめはリボトリールを勧めて来ましたが、頑なに拒否しました。アシュトンマニュアルも読みましたが、できれば行けるところまで、ソラナックス単体で減薬したいんですよね。今からセルシン切っても大丈夫ですかね?もし置き換えるとしても、アシュトンマニュアルだと、ソラナックスはセルシンの20倍の力価になっています。一般的な情報ではソラナックス0.8=セルシン5みたいです。どちらが良いのか分かりません。主治医は、今のセルシン8ミリはソラナックスの半分!と言っていました。多分ソラナックス2.4ミリの半分くらいという意味かと思います。
置き換えるとしたら、安定してる夜の分のみソラナックス0.4ミリ一錠分をセルシン2.5ミリにしてあとのセルシンはやめれば良いですか?もしくは、アシュトンマニュアルの計算だと、ソラナックス0.4をセルシン8ミリに置き換える計算になりますよね?
結局よく分からず、セルシンを増やしてソラナックスを減らして行く方向になってしまってます。アドバイスいただければ嬉しいです。
因みに医師は多剤です。一時、サインバルタ、リフレックス、リスパダール、デパス、ソラナックス、レンドルミンを普通に出してました。自分は昏睡状態に陥りました。
でも、20年来の付き合いで、時間も1時間はとってくれるので、今は自己防衛しながら付き合っています。ドクターショッピングもしましたが、がっかりする医者ばかりで、減薬に耳を貸してくれる医者はいないんですよ😭

いちばん悩んでいること

ホリゾンさん
連投すみません。自分がいちばん悩んでいるところに直球を投げ込んでくださり嬉しいです。

jinさん

ジアゼパムいったん切るなら、今のうちです。
デスメチルジアゼパムが完全に抜け切るのに400時間かかりますので。

しかし、半減期が長いので、ソラナックスよりは血中濃度的には、はるかに安定はすると思いますが、アドバイス的にはワイパックスさんと同じで、ご自身の方針での英断を尊重します。

しかし、一つ共通して言えることは、「血中濃度をいかに安定させるか」
これが安定のカギを握っていることは間違いありません。

力価については、あくまでも「目安」なので、自分でコントロールする必要があります。

私の場合、ワイパックス1.5mg=ジアゼパム9mgでした。
6.67mgは全く足りませんでした。

ホリゾンさん

早々にありがとうございます。力価換算はあくまでも目安ですよね。でも、アシュトンマニュアルとネット情報が違いすぎて迷います。セルシン切るなら今のうちですね?
実はプチ離脱解消と血中濃度安定のために、ソラナックスを1日12回に分けて飲んでいました。つまり、0.2(半錠)を12回です。
それを主治医に言ったら、「その飲み方は良くない!」ということで、セルシンを増やすことになったのです。ソラナックスでは力価が足りないからだそうです。しかし、安定することもなく、セルシンの影響なのか眠気も出て来てかえってQOLが落ちちゃってたんですよね。そこへ来て抗うつ薬(イフェクサー)の増薬です。
一度、セルシンリセットしてみます。もし、あまりにも辛かったら頓服で使います。そうすれば、基本ソラナックスで減薬できますよね?とはいえ、単なる増薬として3週間飲んでしまいました。
医師はしっかり安定させてから減薬させたかったようですが、セルシンでもイフェクサーでも無理でしたね。セルシンに置き換えるにしても体調と相談しながらやって行こうと思います。少し前進出来た気がします。ありがとうございます。
ホリゾンさんはブログやってみえないのですか?もしやってみえたら参考にさせていただけませんか?

jinさん

私もまだ寛解していないので、廣瀬医師の動画での紹介ですみません。

ただ、これらをみていると、「あーたしかにそうだ」と納得できる面が結構多いので、参考になればと思いました。

互いに無理しないよう、焦らず減薬していきましょう。



ホリゾンさん

ありがとうございます。
まだスタートラインにも立っていませんが、よろしくお願いします。
ホリゾンさんはブログやってみえないのですか?もしよろしければ参考にさせていただけませんか?

jinさん

ブログは現在はやっておりません。
過去の経験から、たてても3日ボース余裕なので><

ホリゾンさんへ

実は 私も jinさんと同じことをずっと思っていました。ホリゾンさんが 今まで私の掲示板に残してきた情報量はかなり多く、私のブログの掲示板に埋もれさせるのは、惜しいです。出来れば、後から続く人逹のためにも、ブログか、ホームページの形で情報を残して欲しいです。

セルシンどうしたら

質問ばかりですみません。どうしても疑問なのです。やはり、セルシンは増薬でなく、止めるか、置換しないといけないのでしょうか?セルシンを増薬した状態(現状)からでも減薬と言えると思えるのです。当然減薬にかかる時間は伸びますが単純にセルシン2×4とソラナックス0.4×6からの減薬と捉えることはできないのでしょうか?
多分自分は、脳の回復の理屈が分かっていないのだと思います。

jinさんへ

>単純にセルシン2×4とソラナックス0.4×6からの減薬と捉えることはできないのでしょうか?

それでいいと思いますよ。

脳の回復のイメージとしては、
減薬開始前の ベンゾジアゼピンの量100%とすると
仮に 当初の量の90%まで減らして、安定したら、その減らした10%の分は脳が回復(GABA受容体が回復)して肩代わりしたということです。
80%まで減らして安定したら、減らした20%分は脳が回復して働いているのです。
仮に80%で安定している状態から、5%ほど増薬したとしましょう。
増薬した期間が2~3日くらいなら、すぐ5%減らして元に戻せます。
GABA受容体に影響を与えてないと思われるからです。
しかし、増薬した期間がある程度(2~4週間以上)が長くなってしまったら、回復した脳が再びベンゾを増量した量でバランスを取って、GABA受容体が減少した可能性があります。

だから、慎重にいくには、増薬した状態からゆっくりと減薬で良いと思います。

ありがとうございます

ワイパックスさんありがとうございます。いざスタートラインに立とうとすると不安ばかりです。これで少し安心することができました。ステイの意味も何となく腑に落ちました。何時も丁寧にありがとうございます。

>ワイパックスさん
ブログの件ですが、ワイパックスさんと考えが同じなので、見出しとか、パクリになって、同じものができてしまうので、日記だけになってしまうと思います。
そして、この日記ですが、すでにもう2000ページ超えていて、よっぽど元気でないと、まとめが付かない状態になっています・・。

そして、現在、「不安」と格闘中です。
ちょっと暑さが手ごわいので、+0.5mg上げるかもしれませんが、医師は「悪い状態は連続していないし、一時的な心理的な物だから、しばらくステイしろ」と。

不安は「強いこだわり・強い悩み・強い心配」の症状が出ますから。
「暑さの不快」「熱中症の心配」「夕方飲んだ後の不調の悩み」
この3つを抱えています。

しかし、7月24日は、暑いにもかかわらず朝から気分がポジティブでしたし、上記の3つの事なんかすっかり忘れていました。
単にデカい中ボスにビビっているだけなんですがね・・。
そのポジティブはどうやって切り替えができたのか模索中です。

ワイパックスさんへ

減薬中、暑さや寒さなどの環境ストレスが生じたとき、どのようにお考えになられていました?

「こだわり」や「悩み」などの不安はどう乗り切れていたのか。

最近、思ったことは、どうも上記の心理効果の低下で、躓いているようで、まったく先に進めなくなっていることに気が付きました。
今日、0.25mgの減薬したら、そわそわと熱感が出ました・・。
あと下痢を数か月ぶりに起こしてしまいました。
今日、この実験で分かったことは、副作用や過鎮静ではなく、単に離脱症状が続いていることが分かりました。

暑さと、熱中症の心配、のストレスが要因になって回復が進んでいない気がします。
副作用の悩みについては、今日の実験で、離脱症状とわかり、解消しました。

ホリゾンさんへ

ブログの件 了解しました。

精神的な症状は、やっかいですが、「思考を断ち切る」というのが一つの対策にはなると思います。 
「思考が感情を生む」ので、「思考を断ち切る」のです。
それが難しいのかもしれませんが、そういう時って 思考が堂々めぐりしていることが多いですね。
また、「不安」という感情も筋肉の緊張から来ていると話もありますね。筋肉の緊張から来ている不快感が、感情をネガティブにすることもあります。
ちなみに 私は減薬中は 身体的な症状しかなく(ほぼ筋肉症状のみ)、あまり精神的な症状が出なかったので、なかなか適切なアドバイスが難しいです。

環境ストレスは、寒い冬は交感神経が優位になりがちで、減薬には不向きだと思っています。実際 私は数か月単位のステイを強いられました。夏は、私自身は減薬には悪くない季節だと思います。実際は私が減薬がスムーズに進んだのは春から夏で、断薬したのは夏でした。ただし体調を崩すのでエアコンの使い過ぎは注意ですね。

あとホリゾンさんは減薬中ですから、離脱症状はあっても、過鎮静はありないと思います。

ワイパックスさん

お返事が遅れましたが、やはり「不安」対策には、脳内にある感情を「不安」から「プラス的な要素」に玉突き入れ替えしかないですよね。

人間の感情は、コンピューターと違って、1つしか処理できないので、その辺の知識は以前からありましたが、「強めの不安」になると、なかなか「不安」←「楽しい事」への玉突き入れ替えができませんね。
悩んでいても仕方のないことは重々承知しているのに不思議なものです。

具体的にどんな出方をしているかというと、「不安」は、連続して続いてはいないので、一時的にランダム的に数分目の前に現れてます。
①フラフラやってきて、目の前で止まり、私に向かって「不安だ―」という感じ。
②私が「うわっ、なにこのネガティブの塊! じゃまだどけ!」と思うとスーッと目の前から消えていく。

一時的な物ですが、短い時で2分、長い時は1時間ぐらいいます。
ホント最近決まった時間に現れるので、目障りです・・。

ホリゾンさんへ

精神的症状は やっかいですよね。
別の楽しいことに入れ替えるのは良い方法ですね。

自分自身のことを思い出してみると、ベンゾを飲んでいる間は、確かに不安が取り除かれていました。その頃を思い出してみると、頭がぼーっとなって、思考がストップしていたように思います。
ワイパックス飲み始める前は、出口のない同じことを延々とぐるぐる考え続けて不安や負の感情が生み出されていました。
ヨガで一番幸福な状態は「熟睡している状態」と言っていますが、色々なことに過剰に反応せず、何にもとらわれず、安定した心を持ちたいなと思います。

ワイパックスさん

精神的症状は、思考の切り替えで変えることができました。
今まで「不安」を敵視していましたが、とあるブログを見ていて、自分の考え方が間違っていることに気が付き、見ていて泣いてしまいました。

https://ameblo.jp/tachibana-shugoro/

これ見ただけで、不安を味方にしたことにより、今までの精神的ストレスが一気に蒸発して、副交感神経が優位になったせいか、1時間ぐらい涙が止まりませんでした。

不安とは、敵対して戦うのではなく、脳で考えている不安ではなく、「心にある不安」としっかりと向き合うことが大事のようです。
そもそも不安を味方だと思っている人は、ほとんどいないでしょうし、不安は嫌な感情ですからね。
私も不安はずーっと敵視していました。それを今回は、「味方」に取り入れることによって、どうなるのか、こういう発想は今まで考えたことはなく、これはほんと、心に突き刺さりました。

ちなみに今、ポジティブモードになっています。
突然、不安が出ても、「いらっしゃい。また心配しに来てくれたんだね」と優しく接することにしているためか、あまり心理的ストレスを感じていません。