FC2ブログ
2017/05/21

自分に最適な減薬方針を考える

PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link
断薬659日目
気付いてみれば、2013/5/12の減薬開始から4年経過していました。

ところで
最近、このブログも訪問者が増え、このブログをマニュアルとして、全く同じように減薬しようとする方もいるようです。

しかし このブログは私という一個人が試行錯誤し、自分に合う減薬を模索しながら 減薬を行った記録であり、実体験から導き出した思考を発信しているものです。

ですから、「マニュアルではない」のはもちろんのこと、仮に参考に出来る箇所があっても、それは万人に合う「マニュアルではない」と思います。

減薬の方針というのは、人それぞれ最適な解があると思います。
自分で考え、試行錯誤し、人体実験を繰り返しながらそれを探すしかないと思います。

私のブログを見て「これはおかしい」とか「なぜこんなことするの?」と疑問に思ったら、更に良い方法を考えて欲しいと思います。
一人一人それぞれ自分自身に合う合理的な減薬方針を 考える手助けとしてブログを使ってもらえれば幸いです。


減薬の方針を自分自身で考えていく過程で 色々とあると思いますが、
まずは、

■減薬のペース(1回の減らす割合とステイする期間)をどうするか?

私は 週に1~2%ペースで減薬していきましたが、人によってペースは違うと思います。5%ずつ10%ずつでも問題ない方もいると思います。逆に1%ずつ減らしても辛い方もいるかもしれません。

しかし基本的にはゆっくりと微量ずつ減らし 離脱症状を最小限に抑えながら、脳を回復させる期間を十分に確保しながら、行うのが良いと思います。早く薬を切るのが目的ではなく、脳を回復させるのが目的というのを見失わないで欲しいと思います。

1回に減らす量と ステイする期間は、固定せずに、人体実験しながら 臨機応変に柔軟に変えていくと減薬がスムーズに進むと思います。

私は減薬率50%までは 2%ずつ、 50%以下では 1%ずつ減らし、ステイは最初1週間でしたが、後半では、臨機応変に 変更していきました。2~3日ステイするときもあれば、1か月 2ヶ月ステイすることもありました。

私が 2%ずつ減量することを決めたのは ざっくりと ステイを1週間 減薬期間を1年と決めたので、1年は約50週なので1/50=2%ずつ減らすことになり、その後50%まで問題なかったので、そのままのペースで減薬したわけです。
ですから、必然の根拠はない漸減量なので、 誰もが このペースを守る必要はないわけです。

最適な漸減量を見つける方法として、最初 多めに減らし見て、辛い場合は量を戻して 次第に漸減量を少なくしていきQOLと保てる離脱症状に抑えられる量を模索していく方法が考えられます。
仮に 最初 全体量の10%減らして忍容不能な離脱症状が出たら、量を戻して、次は9% その次は8%と次第に減らしていき、仮に5%で忍容可能な離脱症状に収束したら、5%ずつ減らすという方針を立てることが出来ます。
多分これが合理的な方法だと思います。先で辛くならば、4%→3%→2%と減らしていけば良いと思います。

 合理的な漸減量

■漸減の手段

液体に溶かす、粉砕する、削る・割る
色々な方法がありますが、自分が納得する方法を選択すれば良いと思います。

私の場合 試してみたら たまたまワイパックスが水溶液による漸減に適していただけで、水溶液に適さなければ、牛乳にしたり、粉砕して粉にしたり、別の方法を考えていたと思います。
方法に優劣や善悪はなく、薬により適・不適があるだけです。


■置換するのかどうか?

アシュトン・マニュアルでは、半減期の長い薬に(ジアゼパム等)置換してから、減薬することを進めています。
私も最初置換しようとして、主治医にメイラックスへの薬の変更を申し出たのですが、拒否され、ワイパックスで直接減薬しました。

置換で問題になってくるのは等価換算です。
ワイパックスの場合、アシュトンマニュアルを見ると ワイパックス1mgがジアゼパム10mgと等価と記されています。

しかし別の日本のサイトを見ると
http://www.yoshida-hospital.org/fuan/doc/q.html

ワイパックス 1.2mg と ジアゼパム 5mgが等価とされています。

採用した方が、正しくなければ、置換したのに減薬していたとか、逆に増量していた ということが起こるかもしれません。そうならないように、今後等価の量は、きちんと統一して欲しいところです。

1565874693344.png
記事はどうでしたか?
ベンゾ情報拡散のため
応援クリックお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング

Sponsored Link

関連記事

コメント

非公開コメント