FC2ブログ


ベンゾジゼピンの影響と離脱症状


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com





1.ベンゾジアゼピン長期使用により脳に何が起こるのか?

ベンゾジアゼピン系薬剤を長期連用すると、
脳が構造的・機能的変化を起こし、依存・耐性が形成されます。

アシュトンマニュアルによると、2~4週間以上の使用
依存・耐性が形成される可能性があるとのことです。

構造的・機能的変化とは、GABA受容体の減少と、
それに伴う自律神経系の抑制機能つまり副交感神経系の機能低下です。

末梢神経は
「自分の意思で動せる体性神経」と
「自分の意思ではコントロールが不可能な自律神経」
の二つに分けることが出来ます。
そして更に、自律神経はさらに交感神経副交感神経の二つに分けられます。

運動中、私たちは興奮している状態となり、この時、心臓の拍動数は早くなり、汗が分泌されます。
このように、体を活発に活動させる時に働く神経が交感神経です。
交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれています。

逆に、食事中は気分を落ち着かせて食べ、睡眠中も同じように体を休めている状態です。
このように、食事中や睡眠時など体を落ち着かせている時に強く働く神経が副交感神経です。

ベンゾジアゼピン長期連用すると、上記の2つの神経系のうち、副交感神経系の機能が低下します。

ベンゾジアゼピンの長期間の継続的な介在で、眠気やふらつきなどリラックスし過ぎる状態「過鎮静」の状態が長く続くと、これは人が生きていくのに危険な状態なので、ホメオスタシス(恒常性維持)が働き、 GABA受容体を減少させることで 過鎮静を解消しようとします。

通常はGABAという物質がGABA受容体に結合することで、自律神経の興奮を鎮めるわけですが、GABA受容体が減少していくと、自律神経の興奮を鎮める機能が不十分になります。
そうして 自律神経の抑制機能 つまり 副交感神経の機能が低下していき、薬がないとリラックス出来ない脳になるのです。



2.なぜベンゾジアゼピンを止めると離脱症状が発症するのか?

ベンゾジゼピン長期連用すると 自律神経系の機能のうち抑制を司る副交感神経系の機能が低下していますが、
ベンゾジアゼピン服用中は、副交感神経系の機能低下分をベンゾジアゼピンが補助してバランスが取れています。

ここで、ベンゾジアゼピンを急激に減らしたり、止めると、 抑制の効かない自律神経系は、暴走し、「過興奮」状態になります。
車に例えて言えば、興奮を司る交感神経系をアクセル、抑制を司る副交感神経系をブレーキとすると
アクセル踏みっぱなしで、ブレーキの効きが悪い車の状態になり、車が暴走します。
これが離脱症状です。

自律神経の興奮がうまく抑制出来ないので色々な症状を引き起こします。
動悸、頻脈、筋肉痛・硬直、不眠、耳鳴り、微熱、火照り・寒気、高血圧 など。


3.上記1と2を理解した上で 微量ずつ時間をかけて減薬する。

上記を理解した上で減薬をします。

つまり

ベンゾジアゼピンが副交感神経系の機能低下を補助してバランスを保っており
一気に減らすと自律神経系が暴走し、重篤な離脱症状を引き起こすので、 


 → 「微量ずつ減薬する」



ベンゾジアゼピンの影響により、「GABA受容体の減少」という脳のダメージが発生しており
それを自然治癒力により回復していく必要があり、回復には長い時間を要するので 


 → 「時間をかけて減薬する」


1と2を 理解していれば、「一気断薬」は理にかなっていないことがわかります。

減薬とは、薬を飲まなくなることが終着駅なのではありません。



最終目的は、 「脳の回復」  なのです。




★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2015_12_13

Comments

No. 1266 はじめまして 

はじめてコメントいたします。
眠剤服用に限界を感じこちらのサイトにたどりつきました。

週2%ずつフルニトラゼパムの減薬を試みています。
現在80%まで減薬したのですが、眠剤を減らせば減らすほど睡眠時間継続時間が短くなっています。
開始当初は5時間ほど眠れていたのですが、4時間→3時間で目が覚めるようになりました。目が覚めたあとは布団のなかで夜明けまでじっとしていて、ときどきウツラウツラしますが熟睡感はまったくありません。
今のところ生活に支障はないのですが(昼も眠くならないので昼寝なし)、これはいわゆる離脱症状の「不眠」なのでしょうか。
仕事をしながら運動を週に3~4回こなし車を毎日運転しているので不安です。
ちなみに不眠以外の症状はまったくないのでこれが離脱症状だと確証が持てません。
睡眠継続時間が延びるまで80%でステイした方が良いのでしょうか。
ご教授いただければ幸いです。
鍋奉行   URL   2018-01-21 00:03  

No. 1267 眠剤の減薬の仕方 

>鍋奉行様
多くの眠剤もベンゾジアゼピン系なので、脳が回復していない状態、つまり減薬したことにより、抗不安作用の反作用による離脱症状です。

眠剤はゆっくり減らしていかないと反作用として不眠状態になりますので、もう少しゆっくり減らしたほうがよろしいかと思います。

ロヒプノール、サイレースは、ジアゼパムの10倍の睡眠作用があります。
ハルシオンと同等レベルの強さがあります。

幸いにも、不眠だけのようですので、焦らず安心してゆっくりと減薬して、絶対に急がないでください。
今現在、眠れず日中~夕方に睡魔が来るようであれば、少し戻したほうがいいと思います。

半減期が長ければ長いほどステイ期間は多めにとってください。
理由は、減薬しても、はじめのうちは半減期に達しないため、「これならいける」と勘違いする方が非常に多く、数週間後、じわじわとつらい症状が出るからです。
ゆっくり抜けるという事は、その間は脳も回復をするので、離脱症状の期間も長めになります。
個人差はありますが、ジアゼパムで、その量に追いつくのには減薬開始から2~3週間かかります(個人的なデーターですが)
辛いピークは9~15日です。

離脱症状は、回復のシグナルですが、しかしそれに耐えられなければ逆に精神的に疲れてしまい、増悪しますので、認容できる量まで元に戻すべきです。


ホリゾン   URL   2018-01-21 11:29  

No. 1270 まさに今その状況です 

さっそくの御返答ありがとうございました。

>減薬しても、はじめのうちは半減期に達しないため、「これならいける」と勘違いする方が非常に多く、数週間後、じわじわとつらい症状が出るからです。

まさに今、私がはまっている状態がこれなんだと思います!
ワイパックス様(ホリゾン様?)の週に2%ずつの減薬方法をお手本にしましたが、ワイパックスは半減期が10~20時間なのに対し、私が服用している「アメル」は20~100時間!
1週間のステイではまったく脳の回復が追いついてなかったということですね。
ワイパックス様の読みでは「アメル」なら2~3週間で追いつけそうと言うことなので、80%のまま数週間ステイしてみます。睡眠時間が増えてきたり、不快な離脱症状がなくなってきたら78%に減らし、また数週間ステイ…。
きついようなら82%に戻す、など体調を見ながら加減します。
機械的に2%減を進めてきましたが、身体は敏感に(ある意味正確に?)反応していたのですね。
不眠で中途覚醒あたりまえの10年を送ってきたので、睡眠リズムの異変に鈍感になっていました。
似たような質問を何度も受けておられるでしょうに、丁寧なご回答を素早く返して頂いてとても安心できました。
お手数かけていただいて感謝いたします。
鍋奉行   URL   2018-01-21 19:52  

No. 1272 鍋奉行さんへ 

ホリゾンさんは、医師の指導下で現在 減薬中の方で、このブログの常連の方です。
博識な方なので、きっと何かヒントになるアドバイスをしてもらえると思います。

鍋奉行さんは、不眠でベンゾを服用するようになったのですかね?
元々 不眠であり、それが治癒していない段階で、減薬を始めたのであれば、減薬に従って不眠が出てくると思います。
元々 不眠であるなら、元々のGABA受容体の密度が低い可能性があります。
ベンゾを長期連用すると GABA受容体がダウンレギュレーションにより減少するので、更に密度が低くなり、体本来の持っている鎮静・催眠機能が低下します。
ここで減薬すると、体本来の機能の低下+ベンゾの補助がなくなるので、自律神経の興奮が勝って、離脱症状となります。

ですから、減薬と長めのステイを繰り返して、GABA受容体の回復を促して、体本来の機能を取り戻していくしかありません。

ワイパックス   URL   2018-01-22 18:59  

No. 1277  

いち早くお答えいただけたのでブログ主さまと勘違いしてしまいました。
申し訳ありません。
経験者、実践者からいただくコメントは非常に心強いので有難うございます。

私は鬱からの不眠が睡眠薬の始まりだったのですが、最初は軽い導入剤からはじまり、いろいろな眠剤を試すうちにベンゾを処方されることになりました。ベンゾ歴4~5年です。
非常によく効き安定した睡眠をとれていたし、一時期は良いのか悪いのか四分の1錠まで減らして大丈夫なくらい良く眠れて満足しておりました。
ところが昨秋から中途覚醒が増え、飲んでる意味ないな~と思って何気なくネットサーフィンしている過程でこちらを知り、ベンゾとは縁を切ろうと思うようになりました。

ホリゾンさまのアドバイスで減薬に性急すぎたことを知ったので、2%戻しました。おっしゃるように現在の私はふとんに入って3~4時間で目が覚め、頭がカンカンの日照り状態です。
でもこれがある意味身体の正常な反応?ベンゾというつっかえ棒がなくなった身体が自立しようともがいている状態なんだからと思うようにしています。
看過できない状態ではないですし、ステイを長くとれば戻ると言っていただいたので安心してその時を待つことにしました。

じつは主治医には相談なく減薬を始めています。恐らく減薬したいと言えば賛成する先生ですが、ベンゾに対する知識が、ワイパックスさまのようにお持ちか?と言うとそうではない気がするし、こちらが代替薬を望まなければ彼の出番もないだろうと言うわけで…。

ただ、減薬の相談をする場所がなくて困っていました。
こちらでご相談させていただけて良かったです。

私は1~2年で断薬は難しそうですが。
鍋奉行   URL   2018-01-23 17:47  

No. 1280 鍋奉行様 

睡眠の状態について「こだわりが強い場合」は、スマートフォンのアプリを使うとよろしいかと思います。
スリープマイスターというアプリです。
夜中覚醒の回数や、入眠時間、ノンレム睡眠の深さや、鼾や無呼吸症候群の録音も可能です。

自分も過去に睡眠質に強いこだわりがあり、眠れていないという思い込みが強くて、自らのマイナス思考で回復していた自律神経を乱したことがあります。

このアプリを紹介され、使ってますが、途中覚醒はあるものの、入眠がすごく良い(6分~10分以内)ので、特に異常ありませんでした。
途中覚醒してもすぐに眠れているので、不眠症には入りません。安心感がでて、睡眠に対するこだわりは消えました。
ホリゾン   URL   2018-01-24 13:52  

No. 1282 ありがとうございます 

ホリゾンさま

あらたな情報をありがとうございます。
スマホを持っていないので実践できませんが、便利なものがあるのですね。
自分がちゃんと寝てるとわかったら安心ですね。

関係ないかもしれませんが、先日、光目覚まし時計を買いました。
電子アラーム音が嫌いで、いつ鳴るか起床時まで何度も目が覚めていた緊張感がなくなりました。
私は夜明け前に起きるからでしょうか。光で目が覚めると言うのは音より睡眠自体の質があがったような錯覚さえ感じます。
入眠・睡眠ももちろんたいせつですが起床も同じくら大切だなぁと思いました。
鍋奉行   URL   2018-01-24 17:55  

No. 1284 鍋奉行さんへ 

私も主治医には減薬していることを全く告げていませんでした。
主治医に知識が無いことを知っていたからです。

私が学んだ知識や、経験・体験したことは、全てこのブログに凝縮していますので、隅々まで読めば必ず減薬のヒントになると思います。

しかしブログはヒントにすぎず、その通りにやれば誰でも断薬出来るというマニュアルではないので、やはり自分自身が主治医になって、自分で考え、人体実験しながら、減薬を進めて欲しいと思います。

また何かあれば、いつでも相談を持ちかけてください。
ワイパックス   URL   2018-01-24 20:43  

No. 1287 ワイパックスさま 

ありがとうございます。
ご紹介のアシュトンマニュアルもざっとですが目を通しました。
薬の知識がないので(薬品名と商品名があったり?)わかるとこもあれば
わからないところもあり…でしたが、何度となく減薬、断薬できると書いてあったので心強く思いました。
私の減薬は幸か不幸か時間をかなりかけなければならないようですので、ゆっくり時間をかけて理解して行きたいと思います。
また何かありましたらよろしくお願いいたします。
鍋奉行   URL   2018-01-25 18:37  

 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセス数

水溶液減薬グッズ

断薬日数(自動更新)

GABA

精密天秤

(精密天秤Amazon精度0.001g )

sponsor area

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  09  08  07  06 

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top