FC2ブログ
2015/11/19

ベンゾジアゼピンの影響と離脱症状

PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link
①ベンゾジアゼピンは依存を生じる
ワイパックスを含む「ベンゾジアゼピン系薬剤」を長期連用すると、依存し、苦痛を伴う離脱症状のために薬を止められなくなります。アシュトンマニュアルによると 2~4週間以上の使用で依存が生じる可能性があるそうです。

②ベンゾジアゼピンは脳にダメージを与える
ベンゾジアゼピンを長期連用すると、脳に構造的・機能的変化が生じます。
具体的にはGABA受容体が消失・減少し、自律神経系の機能(興奮を司る交感神経系と抑制を司る副交感神経系)のうち 抑制する副交感神経系の機能が低下します。

③離脱症状の発症原理
ベンゾジアゼピン服用中は、副交感神経系の機能低下分をベンゾジアゼピンが補助してバランスが取れています。
ここで、ベンゾジアゼピンを減らしたり、断つと、自律神経系のブレーキの役目の副交感神経の機能低下のため、自律神経系が暴走します。これが離脱症状です。
1565874693344.png
記事はどうでしたか?
ベンゾ情報拡散のため
応援クリックお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング

Sponsored Link

関連記事

コメント

非公開コメント

分かりやすいです!

いつも分かりやすいブログありがとうございます!
ひとつ質問なのですが、ワイパックスさんは、インフルエンザの予防接種については、どおお考えですか?

私はしていませんが、予防接種で予防出来るなら してもいいんじゃないでしょうか?
すいません。あまり詳しくないもので。

ありがとうございます!

そうですよね、減薬中や断薬後は 何かと薬なども嫌煙しがちだったので 予防接種はどうなのかなと思い 意見が聞きたくてコメントしました。