FC2ブログ
2021/02/07

もし今から減薬するとしたら

PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link

もし、私が現在の知識で

抗うつ剤 A

ベンゾジアゼピン B (半減期 6H)

ベンゾジアゼピン C (半減期 20H)

の3種類を減薬するとします。


現在の知識だと、次のような方針になると思います。

① ジアゼパムなどへの置換はしない。
  なぜなら、現在の ジアゼパム換算表が アシュトンマニュアルのものがあったり
  吉田病院のものがあったり、それぞれ数値が違っていること。
  それと、微量減薬を勧めていこうとしている中で、置換そのものが大幅な減薬になっていたら困るからだ。
  前回の減薬でワイパックスの半減期(12H)でも1日2回服用すれば、問題ないことがわかっているので
  置換のリスクを考えたら、そのまま減薬したほうが良いと思われる。
  また日本人はジアゼパムの代謝能力が低い人が16%存在するので、過剰摂取の副作用のリスクもある。

② 抗うつ剤を 最後に残す
  しかし、これは絶対条件ではない。
  前回減薬の時、ワイパックスの前にトレドミンという抗うつ剤を断薬しているからだ。
  私が伝聞情報で数人から聞いた「抗うつ剤はベンゾ減薬の終盤の盾になる」
  という情報は、アシュトンマニュアルとか公式な情報ではない上に、私自身が先に抗うつ剤を断薬しているので
  必ずしも その順序でなくても 良いと思っています。

③ ベンゾジアゼピンは、 ベンゾジアゼピン B(半減期 6H)を 先に減薬し
  断薬したら、 ベンゾジアゼピン C(半減期 20H)に移行する。

  1種類ずつ減薬するのは「離脱症状が起きた時の原因を絞るために」に必要であるし、
  半減期の長いものがバックアップとして働いている間に、
  半減期の半減期の短いものを先に断ってしまえば、後は、ゆっくり半減期の長いものを減薬出来る。



1565874693344.png
記事はどうでしたか?
ベンゾ情報拡散のため
応援クリックお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング

Sponsored Link

関連記事

コメント

非公開コメント

非公開コメント た**さんへ


まず、お聞きしたいのは、
水溶液にした薬が何であるか?です。

ワイパックスは、私とブログで交流のあった数人が断薬しているので、水溶液減薬は向いています。

メイラックスやリボトリールも水溶液で断薬された方を知っています。

薬によっては水溶液が難しいものもあります。
水に入れた瞬間に全く水中に浮遊せずに底にたまるようだと難しいかもしれません。

あと やり方の問題です。
毎日 1ml ずつ機械的に減らすのはあまり良くない方法です。
1ml 減らしたらまず 2~3日様子を見る。薬の半減期がありますから、離脱症状は遅れて出ます。2~3日様子見て、何もなければ次に進めて良いと思います。離脱症状が出た場合は、我慢出来るならそのまま治まるまでステイしてください。
「脳がその低用量に適応するまで先に進まない」を必ず守ってください。

もう一つ
水溶液に溶かして薬を摂取することが、体質的に合わない人が存在するようです。
これは遺伝的なものです。
もし、その場合は、錠剤を粉末にして精密天秤や電子天秤で量る方法をお勧めします。