FC2ブログ
2020/11/20

適正な漸減量とステイ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link
syringe-1884784_640.jpg


1.漸減量


減薬において、

1回にどのくらい減らすのか?

減薬を初めて体験する方は
目安がわからないと思います。


私が考える適正な1回の漸減量は

「忍容可能でQOLが保てるくらいの 
軽い離脱症状が出る程度の量」

が良いと思います。




我慢出来ないようなキツイ離脱症状や
寝込んでしまうような離脱症状が出る場合は
明らかに減らし過ぎです。


数字的な目安で言うと

全体量の 1~5% くらいです。

もちろん全体量や力価が関係してくるので、
単純にこの数字を採用するべきではありません。


5%は超えない方がいいと思います。

逆に 1%でも 
離脱症状がキツイなら、もっと刻んでください。

0.5%でも

0.2%でも 

かまいません。

水溶液ならば、水の量を増やせば、
どんな微量な漸減でも可能ですし、

精密天秤でも精度がいいものなら、
調整が可能だと思います。



ですので、
まず 1~5%の間で 
自分なりに数字決めて減らしてみて
きつかったら 段々レベルを下げて
調整していくのが良いと思います。


離脱症状が怖いなら、 
最初から 1~2%程度ずつ減らすと安全だと思います。


離脱症状に関して言うと、
私が減薬していた時の体感では、
軽い離脱症状を出したほうが、
ホメオスタシスが働いて
脳の回復が進む気がします。


軽い離脱症状で、我慢出来る範囲で
一定期間(1週間以内くらい)で収束するものなら
出ても気にすることはないし、
むしろ アップレギュレーションを促進する手段として
歓迎すべきだと思います。






2.ステイ


ステイの長さの基準ですが、
だいたい1週間くらいを目安として

「離脱症状が収まるまで」

としてください。

1週間に拘る必要はなく、あくまで

「ステイの長さは、体調を基準にして決める」

です。

離脱症状がキツい時は 2週間 3週間
場合によっては 月単位になることもあると思います。

私は、減薬中の2回経験した冬の間に 
1ヶ月、2ヶ月のステイを何度も経験しました。

ステイの長さは、体調や状況で柔軟に変えていってください。
固定した期間に拘る必要はありません。




1565874693344.png
記事はどうでしたか?
ベンゾ情報拡散のため
応援クリックお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング

Sponsored Link

関連記事

コメント

非公開コメント