FC2ブログ
2020/08/22

ベンゾ被害

PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link








imagination-5153634_640.jpg


こんなサイトがありました。

■ベンゾジアゼピンの副作用及び治療の体験集
https://www.benzodiazepine-yakugai-association.com/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%BC%E3%83%94%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E5%8F%8A%E3%81%B3%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%81%AE%E4%BD%93%E9%A8%93%E9%9B%86/


サイトを見ると、ベンゾの被害にあった体験談がかかれていますが、
どれも酷いものです。

最初の例を要約して引用してみますと

No.1 体験者(M.T.)

>処方されたベンゾジアゼピンはクロナゼパム(ランドセン)を「少量使用する」との説明でしたが最大1日4mgが処方され、後に知ったジアゼパム換算評価すると1日80mgもの高用量でした

>薬物依存閾値とされるジアゼパム換算2700mgまで4週間ほどで到達

>減薬治療に1年半かけて断薬に成功しましたが、その際に認知機能障害及びうつ病を発症し、約3年間の寝たきり状態となりました。

>原則、「4週間ごとにジアゼパム換算0.5mgを減薬」に従えば、80mgの減薬には80÷0.5×4=640週間≒12年間かかります。その倍の速度で減薬しても6年間はかかる減薬治療が必要でした。

>名市大のてんかん専門医によれば「てんかん患者でも1日4mgは多い、ランドセンの減薬は原疾患のてんかんの再発状態を見ながら減薬するため、通常、数年はかかる」と言われています。


これは最初の方の例です。
まだ、色々な被害者の方の体験談が掲載されています。

このような被害にあう前に
正しい情報に出会って欲しいものです。
1565874693344.png
記事はどうでしたか?
ベンゾ情報拡散のため
応援クリックお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング

Sponsored Link

関連記事

コメント

非公開コメント

レキソタン4mgとレンドルミン0.25mgを飲んでいましたが、
容体が安定したためレキソタンは2mgに減薬し、そのうち飲まなくなっていました。
ところが突然5連続の絶不眠、一日寝れたあと4連続の絶不眠が起こりました。
レンドルミンが効かなくなったのかと思い耐えていたところ昼間に痙攣が起こりレキソタンを飲んだところ
多少安定しました。そこでようやく薬について調べ相当危険なものであることに気づき絶望し、yahoo知恵袋で相談したり、ASKDoctorsで質問したり必死で情報を集めました。その過程でこのブログに辿り着き一気読みしました。
服薬量を戻して1週間、絶不眠はなくなったものの中途覚醒、早期覚醒で3-4時間しか寝れません。
体調が戻り次第減薬を始めたいのですが、どのくらい今の状態でステイするのがいいでしょうか。
離脱症状への注意もなくこのような体にされた医者を信じることはできません。
実際に断薬された方のアドバイスをいただきたく存じます。
何卒宜しくお願い致します。

くらくらさんへ

いきなりレキソタンを半分にして、断薬してしまったのは無茶でしたね。
私のブログを見て依存や離脱症状の原理を理解しているという前提でお話します。
元々、安定していたレキソタン4mgとレンドルミン0.25mgの状態まで戻したけれども、3~4時間しか寝れないということなので、まだ減薬を始めるのは早いと思います。
恐らく急減薬・断薬した影響で自律神経系が暴走して、脳が大混乱を起こしている状態だと思われます。ですから、しばらくステイして症状が安定するのを待つべきです。
減薬を始めるのは、症状が消失し、安定してから始めるべきです。
安定している状態→減薬→離脱症状→ステイ→離脱症状が収束して安定→次の減薬
この繰り返しで、減薬を行ってください。
つまり、「減薬した量に脳が適応し、脳が回復してから次の減薬に進む」
ということです。
「減薬によって脳を回復させていくのが目的」ということを常に意識してください。

管理人様
貴重なアドバイスありがとうございます。
薬は約1年飲んでいましたが容体は安定していました。
離脱症状の大半はレキソタンの切れ目に発現する程度で
ほぼ収まっていますが、不眠だけが強く残り、入眠時の反跳性反応、中途覚醒、早期覚醒と症状が日替わりです。
おっしゃるように脳がどうすべきかか混乱を起こしている状況に思えます。
しばらくはステイしようと思います。
目安とする期間は1か月程度などあるでしょうか?
一方、一度絶不眠になってしまうと睡眠は完全には元の状態に戻らないという話も聞きました。
睡眠のみ戻らない方はリフレックスを常用量の1/4などを補助睡眠薬として減薬を進めている場合も多いようです。
一定期間ステイして離脱症状のほぼ大半が治まり、睡眠のみが絶不眠までには至らなくても元に戻らない場合、菅倫人様なら睡眠補助剤を使って減薬を進めますか?
このあたりの微妙な判断に非常に迷いを感じています。
アドバイスをいただければ非常に助かります。
何卒宜しくお願い致します。



くらくらさんへ

私ならどうするかという前提でお話しますと、
離脱症状が確実に治まって、何も症状がなく、安定した状態になってから
次の減薬に進んでいました。
安定して進むということは、その段階段階での脳の回復を確実にしてから次に進むということです。
しかし、あくまで減薬当事者本人が決めることなので、症状が出たまま先に進むのも、別の薬で症状を抑えて先に進むのも、ご本人の体ですから、ご本人の決断するところだと思います。本人の希望が最優先です。

管理人様
断薬を急ぎたい気持ちはありますが、仕事との両立は不可欠だと思っております。
レンドルミンを飲んでもうまく寝れない今の状況は離脱症状が強すぎるのだと思います。
追加でベルソラムを試してみましたが眠気はあるが全く眠れる感じではなく焼け石に水という感じでした。
本能的には今減薬を進めるのは得策ではないと感じています。
じっくり考えてみます。
減薬の進め方についての貴重なアドバイスありがとうございます。

くらくらさんへ

ベルソムラはオレキシン受容体拮抗薬ですから、GABA受容体作動薬であるベンゾジアゼピン不足原因の自律神経の暴走状態(=過興奮)による睡眠障害を鎮めることは出来ないと思われます。
自分の体からの声をよく聞いて、自分にとっての最善な選択をしてください。