FC2ブログ



【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─







減薬マニュアル


① 依存の原因

ベンゾジアゼピンの長期連用による脳の器質的変化が依存の元凶である。

ベンゾジアゼピンによる神経系の鎮静・催眠作用を打ち消すために
GABA受容体の減少という脳の器質的変化が起こり、
その結果、人体が本来持っている自律神経系の抑制機能が低下する。

それをベンゾジアゼピンが補助してバランスが取れている状態が依存である。


② 離脱症状の原因

その状態で、減断薬するとベンゾジアゼピンの補助を失い、抑制機能が低下した自律神経系は
暴走し、過興奮を引き起こす。これが離脱症状である。

自律神経は、興奮を担当する交感神経と 抑制を担当する副交感神経から成る。
車に例えると、交感神経がアクセル、副交感神経がブレーキであり、
依存すると、ブレーキの効きが悪い車になり、車が暴走する。
これが離脱症状である。



③ 減薬で脳の変化を回復させる

依存は上記のように、「脳の変化」が原因であるので、これを回復させることこそが依存からの脱出の鍵となる。
依存は、外から薬で強制的に自律神経を抑制しようとした結果 それに対抗してホメオスタシスが発動し内部的機能低下が起こったことが原因であるので、減薬でその逆の現象を引き起こす。
減薬によりGABA受容体に干渉する薬を減らして、GABA受容体の回復を促す。

④ 年単位かけて微量ずつ減らす

年単位の長期連用者は、一気に減らすと 過興奮が起こり、重篤な離脱症状が発症するので、全体量の1~5%ずつゆっくりを減らしていく。

年単位かけて変化した脳は、やはり年単位の時間をかけてゆっくりと回復させていく。
減薬において 急いで減らすことに意味はなく、一気断薬したり、競争のように急いで減薬し終えても、
脳が回復していなければ、断薬後も延々と離脱症状が続き、真の断薬ではないのだ。

具体的な減薬の手法は、
少し(全体量の1~5%)減らして、耐えられる離脱症状の場合は 症状が収まるまでそのまま薬の量を維持する(これをステイという)
通常 ステイは 1~2週間 くらいだが、個人差もある。

減薬しても離脱症状も何も出ない場合、2~3日で次の減薬に進んでもよいし
逆に、症状が回復しない場合は、1~2ヶ月ステイすることもありえる。
ステイの長さは、自分の体調と相談しながら、臨機応変に変えていくこと。

減薬時、耐えられない離脱症状が発症した場合は、直ちに量を減薬前に戻す。
それでも症状が収まらない場合は、2~3ステップ前まで戻す。
後戻りしても、一度安定した量まではすぐ減薬出来る。
なぜならその量で安定するほど、脳が回復しているからである。

症状が消失し、体調が安定したら、脳が回復しその量に適応したサインであるので、次の減薬に進む。
こうやって階段状に減らしていく。

微量ずつ減らす手段は、

水溶液減薬法
粉砕計量法

などがある。


⑤ 多剤減薬

ベンゾジアゼピン系を数種類もしくは抗鬱剤など 多種類の薬を服用している場合は1種類ずつ減らす。
一度に多種類減らすと、離脱症状が起こった場合、何が原因か特定できない。

減らす順番は、

1.半減期の短いベンゾジアゼピン
    ↓
2.半減期の長いベンゾジアゼピン
    ↓
3.抗鬱剤 


である。

半減期の長いベンゾジアゼピンを最後にした方が、薬のキレ際を無くすことが出来る。
抗鬱剤は、ベンゾジアゼピン減薬の終盤での盾になるので、一番最後に減薬する。


⑥ モチベーションの維持

ただ薬を減らすのではなく、「脳の回復」という年単位かかる作業をこなすにはモチベーションの維持が重要になる。

モチベーションの維持については、

断薬を意識しない

減薬のモチベーション



★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2019_04_13


03  « 2019_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセス数

水溶液減薬グッズ

断薬日数(自動更新)

GABA

精密天秤

(精密天秤Amazon精度0.001g )

sponsor area

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  09  08  07  06 

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top