FC2ブログ
2018/05/24

3種類の耐性の付き方 

PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link
これから考察することは、私の個人的考えです。

同じベンゾを長期連用しても、耐性の付き方、離脱症状の発症の仕方について
大きく分けて3パターンあるように思います。

①ベンゾを、いきなり止めても、何も症状が出ない人
②ベンゾを服用している限りは何も症状が出ないが、減断薬すると離脱症状が出る人
③ベンゾを、減断薬しなくても、常用量服用しても離脱症状が出る人(常用量離脱)

ただし、②は私自身がそうであったの間違いないですが、
①と③はネットでの伝聞情報であることを書いておきます。

ただ、なぜこのような差が生まれるのか?

恐らく個人差だと思います。
私の予想では、遺伝的要素だと思います。

それでは、各パターンをそれぞれ考察していきます。

②ベンゾを服用している限りは何も症状が出ないが、減断薬すると離脱症状が出る人

これは私自身そうであったし、多くの方がこのパターンに属すると思われます。
ベンゾの抗不安効果・鎮静催眠効果は、体にとって有害なので、ホメオスタシスが働き、
それを打ち消そうと、GABA受容体がダウンレギュレーションを起こして、減少します。
その結果、ベンゾが体内に存在する状態で、バランスが取れている状態になります。
抗不安・催眠鎮静効果をベンゾがプラスした多分、体内のポテンシャルをマイナスして
バランスを取ったのです。
ここで ベンゾという支えを取り外すと、自律神経が暴走し、離脱症状が発症します。
しかし、ベンゾがある状態でバランスが取れているので、常用量を服用していれば、何も起きません。


①ベンゾを、いきなり薬を止めても、何も症状が出ない人

このパターンの人は、私の考えでは、ベンゾにされるがままになっています。
ホメオスタシスが働かず、ダウンレギュレーションも起きず、耐性も生じません。
GABA受容体は減少しないので、体内の鎮静・催眠ポテンシャルの低下も起きていない。
なので、いきなり薬を止めても、何も症状が出ない。
と推測します。


③ベンゾを、減断薬しなくても、常用量で離脱症状が出る人(常用量離脱)

②のパターンでは、ベンゾが強化した分、体側のポテンシャルがマイナスされて±0で バランスが取れていますが、
このパターンでは、バランスを無視して、ダウンレギュレーションが進み、GABA受容体が激減します。
その結果、ベンゾがプラスした以上に、体側のポテンシャルが低下するために、
常用量のベンゾが支えていても、離脱症状が出現します。
これが常用量離脱です。
ということが起こっているのではないかと、私は推測します。


1565874693344.png
記事はどうでしたか?
ベンゾ情報拡散のため
応援クリックお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング

Sponsored Link

関連記事
2018/05/19

水溶液減薬の漸減の考え方

PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link

時々、質問があるので、水溶液で漸減する場合の考え方を記事にします。

水溶液で漸減する場合は薬の重量で考えるより、パーセンテージで考える方がわかりやすいと思います。
XXmg減らすということにあまり意味はないと思います。

要するに、「離脱症状を最小限にしつつ、脳を回復させながら減薬する」ことを実現すればよいわけで、
漸減する量が交感神経を暴走させない許容範囲内であることに意味があり、
減らす薬の重量に拘る必要はないと思います。

水の量は100mlがパーセンテージに換算しやすく分かりやすいと思います。

1%減らす → 1ml抜く
2%減らす → 2ml抜く
5%減らす → 5ml抜く
10%減らす → 10ml抜く

となります。

この時 100mlに溶かしている薬の重量はあまり考えなくてもよいと思います。
薬を100mlの水溶液に溶かした時点で、もう錠剤を意識せず、100mlのシロップ薬があると思ったら良いです。

1mg溶かしていれば、1%減らした場合 0.01mg減らすことになりますが
それは意識せず、考えるのは、「何パーセント減らすのか?」だけです。

1%減らす場合、1/100 つまり薬を 100等分して そのうち1かけらを抜いたと思えばよいです。

重量を考える必要があるのは、他のベンゾに置換する場合です。
置換の場合、「ジアゼパムと等価な重量」が置換計算の元になってくるので、重量を意識する必要があります。

ここから下の記事は、
「バカにしてるのか? 誰でもわかる」と言われそうな内容ですが、
実は、イメージしにくいのか、つい最近も質問があったりしたので、書いておきます。

仮に ワイパックス 1mg があって
100mlの水 に 1mgの ワイパックスを溶かした場合は、

90ml に 0.9mg のワイパックスが溶けています。
50ml に 0.5mg のワイパックスが溶けています。
10ml に 0.1mg  のワイパックスが溶けています。
5ml に 0.05mg のワイパックスが溶けています。
1ml に 0.01mgのワイパックスが溶けています。

イメージ出来たでしょうか?
薬が水の中で均等にいきわたっていれば、こうなるはずです。
1565874693344.png
記事はどうでしたか?
ベンゾ情報拡散のため
応援クリックお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング

Sponsored Link

関連記事
2018/05/03

情報強者になる

PVアクセスランキング にほんブログ村
Sponsored Link
今回は、ベンゾとは直接関係のない話です。

私は、スマホの通信費として大手キャリアに月1万近く、そしてPC用の固定回線(ケーブル)の通信費として5千円払っています。
通信費に合計1万5千円です。

以前から、このバカ高い通信費を何とかしたいと思っていました。

そうしてネットで調べているうちに、
いわゆる格安スマホとか格安SIM つまりMVNO(仮想移動体通信事業者)の存在を知りました。

MVNOというのは ドコモやAUやソフトバンクの回線を借りて、通信サービスを行う 楽天モバイルや、MINEO、BIGLOBEモバイルなどの通信業者です。

とにかくMVNOは安い。
例えば、楽天モバイルの 通話付き3GBプランは、1600円。
私は電話はほとんどかけないし、データの通信量も月3GB超えることはほとんどないので、このプランで十分なのです。

1万近い通信費が、1600円で済む。
情報を知る・知らないでは雲泥の差です。

というわけで、大手キャリアに番号ポータビリティの手続きをして、MNP予約番号を貰い、楽天モバイルにネットで申込みしました。

大手キャリア時代の7GB上限パケット定額プラン5700円という料金は過剰投資であり、無駄に多く払っていたようです。2~3GBで充分なのですが、
どうしても、外出先でも多く使いたければ、固定回線をモバイルWi-Fiルーター(月3000~4000円)等に置き換えて、固定、モバイル兼用回線とすることで解消出来ます。

持ち運べるので、自宅でも外出先でも PCもスマホも、このルーターを通して通信可能です。
外でも制限なく使える上に、1万5千円かかっていた固定回線を含む総額の通信費は 5~6000円で済みます。

つまり、通信手段の一元化です。
スマホ用のモバイル回線と PC用の固定回線 2つの回線を持っていたのも無駄だったのです。
1つにすることで、通信費節約を図るのです。

モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス会社は、
■WIMAX
■IVIDEO
■FUJI Wi-Fi
■NOZOMI Wi-Fi
■SAKURA Wi-Fi  
などがあります。
これも最近知った情報です。

今回、楽天モバイルに移るのに、前のスマホがSIMロックがかかっていて解除も出来ず、使えないので、
新たにスマホをキャンペーン価格で購入しましたが、
旧スマホは、解約しても Wi-Fi環境があれば電話機能以外は機能します。(スマホは小型のPCですから)
ネットにもつなげるし、フルセグや音楽など 電話とSMS以外の機能は使える。

SIM無しスマホ、キャリア契約無しスマホを Wi-Fiで運用している人もいるようです。

情報を制するものは、人生のあらゆる場面で自分自身を有利に導くことが出来る。ただ漫然と情報を読むのではなく、自分なりに咀嚼し、考え、血と肉にしていく。

ベンゾから離脱するにも、役に立つ情報を得て、自分なりに解釈し、考えることが大事かと思います。
今回は、ベンゾとは関連の薄い話になりましたが、情報を安く手に入れるためにも、格安スマホはお勧めです。

1565874693344.png
記事はどうでしたか?
ベンゾ情報拡散のため
応援クリックお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ
にほんブログ村

断薬減薬ランキング

Sponsored Link

関連記事