FC2ブログ



【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



断薬729日目

知恵袋で自己判断で 一気断薬して離脱症状の酷さから 質問している方が2人いたので、回答しました。

とりあえず、ベンゾの脳へ影響・回復には時間を要すること・減薬の方法をアドバイスしました。

このまま断薬を続けるか、再服用して減薬するかは本人達の判断にまかせました。
こちらが出来るのは 助言まで。
本人の体ですし、本人のことですから、方向性は本人が決めなければいけない。

少なくとも 何が起こっているか分からない状態からは脱出出来たと思います。

10年以上前の私の状態を見ているようでした。
私の場合は 1/4ずつ割って減らしていき、途中で苦しくなって断念しました。
あの時は、知識はほぼないに等しい状態でした。
竹やりで戦車に向かっている状態。

知識は重要です。
知識はベンゾと戦う武器です。


★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2017_07_30


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



断薬723日目。

最近、暇があれば、知恵袋の減断薬に関する質問に回答しています。
おかげで、こちらの更新があまり出来てないです。

当然のことながら、ほとんどの質問者の方は、ベンゾの脳への影響や、離脱症状の仕組みや、減薬のやり方がわかっていません。
それに輪をかけるように質問者の方を混乱に招くような回答が乱立します。
「突然断薬したけど何ともなかった」 「ベンゾを1/4減らしたくらいでは離脱症状は起きない」などです。

一番腹が立つのは、質問者の方は離脱症状で苦しんでいるのに「私は年単位で服用したけで離脱症状は出ませんでした」などと無神経な回答をする人です。
あと「デパスで離脱症状など聞いたことがない」とかいう無責任回答
「あまり薬に詳しくないけど・・・」などと切り出す人とか・・・(詳しくないなら回答しないで欲しい)


私は一応、ベンゾの影響や離脱症状の仕組み、減薬方法を分かりやすく回答しています。
お陰様で 最近では、ベストアンサーをいくつか頂いたり、感謝の返信をもらったり
一応、少しはお役に立てているようです。
少しでもベンゾ依存から救われる人が増えることを願っています。

回答には、ここのURLも貼り付けてます。
やはり全ての情報を回答だけで書きつくすのは難しいので
このブログに誘導するようにしています。

印象に残ったのは、

まだ学生にも関わらず既にベンゾ漬けにされている方がいました。
まだ未成年のうちから脳に色々な影響のある薬を使うべきではないと感じます。
もちろん、未成年に限らず、大人でも同じなのですが。
医師を絶対と信じて、頼ってきている人達に、依存と脳機能低下を起こす薬を与え続けるのはそろそろ止めて欲しいと思います。


また、4錠から1錠まで減薬したが、最後の1錠を 0錠にしたら酷い離脱症状でどうして良いかわからず行き詰っている方もいました。
この方には、1錠を細かく刻んで数パーセント単位で漸減するようにアドバイスしました。
「1錠を更に分割して漸減する」というアイデアは減断薬してる方なら普通にやっていることですが、
一人で孤独に減薬していると気づかないこともあるのかもしれません。

他には、病院を変更したら、薬を変更させられて酷い離脱症状に苦しんでいる方がいました。
「ベンゾは種類毎に力価が異なり、変更すれば同じ1錠・同じ重量でも減薬したことになる場合がある」
という減断薬している我々には 当たり前の事実を知らない医師がいるということになります。
この方には そのような説明をしましたが、どうか医師に翻弄されない知識を身に着けて欲しいと思います。

また暇があれば、回答していきたいと思います。


★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2017_07_24


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



断薬712日目

知恵袋の減断薬に関する相談が後を絶ちません。
そして、それに対するまともな回答がほとんど無いことを危惧しています。
なぜ、減断薬の経験もなく、アシュトン・マニュアルも読んだことのない(と思われる)方の回答が乱立しているのか?
とても不思議です。

今日も一つ回答したのですが、
この回答をどう捉えるかによって質問者の方の方向性が変わってきます。

私の回答には必ず、「脳のダメージ」 「脳の変化」 という言葉が入っています。

ベンゾの影響に関して知識の無い方が 
「ベンゾ長期使用で 脳が構造的変化が生じ、ダメージを受けていること」
という現実を受け入れられない方がいます。

何も知らないまま薬を飲まされて、いつの間にか止められなくなり、知らぬ間に脳に構造的変化が生じている。
ショックだと思いますし、その現実を受け入れられないのもわかります。

しかし そこを受け入れることが減断薬を成功させる鍵だと思っています。

長期に渡ってベンゾに晒された結果 脳に構造的変化・ダメージが生じていること。
それを、減薬することにより、年単位の時間かけて回復させる必要があること。

これら受け入れ、理解し、先に進める人が減断薬を成功させることが出来ると思います。


★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2017_07_12


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com




パキシルの減薬で苦労されている方が多いようです。
パキシルをはじめ、抗鬱剤についてはあまり知識がないので、
今回いい機会ですし、知的好奇心も手伝って調べてみました。

まず私が知りたいのは、パキシルの脳への影響の与え方と離脱症状が起こる原因です。
ベンゾの場合は、ダウンレギュレーション(GABA受容体が減少)による耐性の形成が離脱症状の原因ですが、
パキシルのような抗鬱剤SSRIではどう脳に影響を及ぼすのか?
調べてみることにします。

■たったひとつの冴えないやりかた
ダウンレギュレーション
http://neatthing.blog.fc2.com/blog-entry-247.html


----------- 引用開始-----------------
抗うつ剤はセロトニンがたくさん出るようにする薬・・・ではなく、セロトニンの再吸収を阻害する薬なのだそうです。
シナプス前細胞から放出されたものの、受容体に結合できなかった(余り物の)神経伝達物質は、再びシナプス前細胞に吸収されて再利用されます。(つまり、シナプス間隙の伝達物質濃度は自動的に下がるようになっている)。
セロトニンの再吸収を阻害することで、シナプス間隙にはセロトニンがたくさん存在する状態が続きます。それが続くと、セロトニン受容体にダウン・レギュレーションが起こり、受容体の数が減ります。このダウン・レギュレーションが起こるまでに2~3週間かかるのではないか、と考えられています。

----------- 引用終了 --------------------


まさにベンゾの場合のGABA受容体と同じことが起こっているようです。

つまり、

パキシルが セロトニンの再吸収を阻害して、セロトニンの濃度を高める
      ↓
セロトニン過剰な状態が続くと、セロトニン受容体がダウンレギュレーション(受容体減少)を起こしてバランスを取る。
      ↓
その状態で、減薬するバランスが崩れて離脱症状が起こる。


ということで、原因がわかりました。

さて、どうすれば良いかですが、

もちろんベンゾと同じように考えれば、
時間をかけて微量ずつ減らしながら 

「セロトニン受容体が戻るのを待つ」

ということになりそうです。


あとは、
パキシルならではの特性を見てみましょう。

■医者と学ぶ心のサプリ
パキシルの離脱症状と6つの対策
http://mentalsupli.com/medication/medication-depression/paroxetine/pax-withdraw/


----------------引用開始-----------------------------
パキシルはの半減期は14時間と、短い方ではありませんが、目立って長いわけではありませんね。薬を服用すると、4~5時間で血中濃度がピークにな ります。そこから14時間かけて半分くらいの量になります。残りの5~6時間でさらに薬が抜けていくので、だいたい飲んだ量の40%くらいが身体に残りま す。これが少しずつ蓄積していって、安定します。パキシルの半減期は、ジェイゾロフトやレクサプロと比べると短いです。ですから、半減期をみても離脱症状が起こりやすいといえます。

また、薬の力価(強さ)は高い方です。パキシルは最高用量が40mgであることに対して、ジェイゾロフトは100mgです。1mgあたりの効果は、パキシルの方が強いことを意味します。このことを力価が高いといいますが、力価が高い薬の方が薬の変化が大きいです。このため、離脱症状は起こりやすくなります。

パキシルはこれだけではありません。パキシルは自分の薬の分解を邪魔するという性質があるので、薬の量を増やしていくとドンドンと 濃度が上がっていきます。薬を減らしていくとは反対に、一気にガクンと血中濃度が下がってしまうのです。

これらの3つの大きな理由を含めると、様々な抗うつ剤を比較しても、もっとも離脱症状が起こりやすい薬といえるのです。

-----------------引用終了--------------------------

半減期 14時間で力価が高いというと、ワイパックスと同じような立ち位置ですね。
(ワイパックスは 半減期12時間で中間型で 力価が高い)

3番目の理由

>パキシルは自分の薬の分解を邪魔するという性質があるので、薬の量を増やしていくとドンドンと 濃度が上がっていきます。薬を減らしていくとは反対に、一気にガクンと血中濃度が下がってしまうのです。

がわかりにくいですが、要するに 血中濃度が急激に下がったりして、安定しないということでしょうか?

つまり パキシルの特性として
1.半減期は中間型
2.力価が高い
3.血中濃度が急激に下がる


対処法としては

----------------引用開始-----------------------------
4-5.起こりにくい薬に切り替える
どうしても減量できない場合は、他の抗うつ剤に置き換えることも検討します。


少量ずつ減量することが難しかった場合、離脱症状が起こりにくい薬に切り替えるという方法もとります。
効果が弱く(力価が低い)、半減期が長い薬の方が、離脱症状は起こりにくいといえます。同じ系統の薬からこのような薬に切り替えていきます。この場合、新しい薬を併用して、効果が安定してきてから減薬をしていきます。
パキシルは、抗うつ薬の中ではもっとも離脱症状が起こりやすい薬です。同じSSRIの中で、レクサプロやジェイゾロフトは離脱症状が比較的起こりにくいので、切り替えていくこともあります。

4-6.パキシルCRに切り替える

パキシルよりも血中濃度が安定するので、離脱症状が起こりにくくなります。
パキシルには、改良版の薬であるパキシルCRが発売されています。この薬は徐放剤といって、薬の成分がゆっくりと放出されて身体に吸収されていくようにできています。ですから、パキシルよりも血中濃度が安定するので、離脱症状も起こりにくくなります。

パキシルCRは、パキシルとの置き換えが簡単です。他の抗うつ剤に切り替えるのならば慎重に切り替えていく必要がありますが、同じ有効成分ですのですぐに切り替えられます。ですが有効成分は変わらないので、離脱症状はもちろん起こります。

また、パキシル10mg相当の12.5mg錠剤が一番小さい錠剤です。薬を割ってしまうと、徐放剤の効果がなくなってしまいます。このため、少しずつ減薬が難しくなってしまいます。パキシルを変えるのは不安だけれども離脱症状で苦しんでいる方は、パキシルCRに置き換えてみるのも一つの方法です。

-----------------引用終了--------------------------


ベンゾの場合の、血中濃度の安定のため、半減期の長い セルシンなどに置換することを勧めていますが、抗鬱剤でも同様のようですね。

パキシルの場合は 

>同じSSRIの中で、レクサプロやジェイゾロフトは離脱症状が比較的起こりにくいので、切り替えていくこともあります。

>パキシルCRに置き換えてみるのも一つの方法です。

などに置換する方法もあるようです。

もちろん、ベンゾと同様、時間をかけて、微量ずつ減らして 受容体の回復を待つというのは基本のようです。

今日は調べてみて勉強になりました。
もっと詳しい方がいましたら、補足や訂正をお願いします。


★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2017_07_05


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセス数

水溶液減薬グッズ

断薬日数(自動更新)

GABA

精密天秤

(精密天秤Amazon精度0.001g )

sponsor area

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  09  08  07  06 

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top