FC2ブログ



【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



断薬517日目。
2013年の5月に減薬開始して以来 一番良い体調で 年末を迎えています。
私がここまで これたのは、ブログに書き込まれたアドバイスや暖かいコメントのおかげです。

減薬中の皆様はご苦労されているとは思いますが、
目的は早く減薬することではなく、脳を回復させ、薬を必要としない体にすることであるので 
ゆっくりと無理せず減薬して欲しいと思います。

そして、極力 離脱症状をカウントしない、離脱症状を必要以上に気にし過ぎないこと。

可能ならば、年末年始くらいは減薬をストップして ゆっくりされて欲しいと思います。

どうぞ良いお年をお迎えください。
★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2016_12_30


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com




断薬507日目。

アシュトンマニュアルは私に知識という武器を与えてくれた優れたマニュアルであり

このサイト

■アシュトンマニュアル
http://www.benzo-case-japan.com/ashton-manual-1-japanese.php#top

は何度も読みましたが

もう一つ 平易な言葉で私に知識を与えてくれたサイトがあります。

■JustAnswer 医療
http://www.justanswer.jp/medical/7bunx-.html

このサイトは、掲示板に 減薬に困っている患者が質問し、専門家が答える形式でありますが
かなり役に立ちました。

特に、上記のURLのやりとりに出てくる 猫山 司氏の回答はわかりやすく、私の減薬の指針となりました。

質問者の方は、 ミンザインとセルシンを服用しており、減薬おいて主治医の協力が得られれないため
ここで質問しているようです。

指針となった回答部分を引用してみると

---------------------- 引用開始 --------------------------------------
言い方は悪いですが、5年間「セルシン漬け」になった脳には、かなりの変化が生じていると思われます。ゆっくりと、ゆっくりと、時間をかけてその変化を元に戻していく必要があります。
-----------------------------終了----------------------------------------

ここは抽象的な文章ですが、大事なことを言っています。ここの核心部分は「ベンゾによる脳の変化」です。最初にこれを読んだ時は目からうろこでした。そしてこの変化が離脱症状の元凶になっていることと、この変化を戻すことがベンゾからの離脱への道であるということです。ベンゾジアゼピンに長期間晒された脳が構造的・機能的変化(GABA受容体の減少と自律神経の抑制機能の低下)を起こしていて、それを時間をかけて回復させる必要性を説いているのです。


---------------------- 引用開始 --------------------------------------
幸 いセルシンには細粒がありますから、0.1mg刻み、あるいは0.05mg刻みの減量が可能です。少し減らして、離脱症状が起こらないことを確かめ、も しも離脱症状が起きたら一段階戻ってその量に脳を慣らしてまた減らし……という方法を続けることで、セルシンを減らしていくことが可能です。前述したように、「2週間ごとに0.1mg」というような設定はされない方が賢明です。一段階減らして、①離脱症状が現れないことを数週間かけて確かめて、もしくは②現れても忍容可能であり、我慢しているうちに離脱症状が消失してから、次の段階へと進まれるのがよいでしょう。逆に、ある段階で忍容不能な離脱症状が現れた場合は、ただちに一段階前の用量に戻し、数週間慣らしてから次の段階に再チャレンジ、といった「行きつ戻りつ」の局面も経験されるでしょう。このようにして、恐らくは2~3年をかけてセルシンを止められることをお勧めいたします。
-----------------------------終了----------------------------------------

この部分は減薬の指針になりました。
以下の私の減薬方針
・微量ずつ減らす
・離脱症状が忍容可能なら収まるまで待つ。
・離脱症状が忍容不能なら元に戻す
は、ここから生まれたように思います。
私の場合は、薬がワイパックスで、細粒ではなく水溶液でしたが、
まさにこの通りに減薬してきたように思います。

---------------------- 引用開始 --------------------------------------
ベンゾジアゼピンが一定期間以上、毎日届けられることで、脳は、構造的・機能的な変化をきたしてしまいます。複数の神経伝達物質を分泌する神経細胞系が、ベンゾジアゼピンが補助してくれることを当然の前提として働く するようになり、ある系統の神経細胞は機能低下し、また別の系統の神経は機能が亢進した状態になるわけです。そこにきて、一気に、もしくは短い期間でベンゾジアゼピンという梯子を外すことで起こる脳の大混乱の結果が離脱症状です。
-----------------------------終了----------------------------------------

この部分は、アシュトンマニュアルでは、
---------------------- 引用開始 --------------------------------------
ベンゾジアゼピンの長期服用は、神経伝達物質GABAが媒介する生体本来の鎮静機能の多くを支配します。結果として脳内GABA受容体は数を減らし、GABA機能は低下します。ベンゾジアゼピンから突然離脱すると、脳はGABA活動性低下状態のまま であり、その結果、神経系統の過興奮が引き起こされます。この過興奮が次章で論じる離脱症状のほとんどの根本原因となっています。
-----------------------------終了----------------------------------------

と説明されています。

つまり 
脳の構造的・機能的変化 = 脳内GABA受容体減少と GABA機能の低下  であり

ある系統の神経細胞は機能低下 = GABA機能の低下( = 自律神経系の抑制機能の低下) であり

ベンゾジアゼピンという梯子を外すことで起こる脳の大混乱の結果が離脱症状 
= ベンゾジアゼピンから突然離脱すると、脳はGABA活動性低下状態のまま であり、その結果、神経系統の過興奮が引き起こされます。この過興奮が次章で論じる離脱症状のほとんどの根本原因となっています

ということですね。

両方を読むとよく理解出来ますね。

---------------------- 引用開始 --------------------------------------
基本的にはベンゾジアゼピンの量を元に戻せば離脱症状は1日か2日で落ち着きます。それくらいでベンゾジアゼピンの血中濃度が元のレベルで安定するからです。しかし、それでも離脱症状が治まらない相談者様のような患者様の場合、私ならばベンゾジアゼピンの用量を一時的に増やします。脳をベンゾジアゼピンで過剰飽和させれしまうようなイメージです。感覚で申し上げれば、私ならば相談者様に対して、一時的にセルシンを10〜15mg/日使用するのではないかと考えます。それくらいしなければ、梯子が外れたことで起きた脳内の混沌が治まらないからです。離脱症状が治まるまで高用量のセルシンを継続し、治まったら元の量である4mg/日を目指して1mgずつ、離脱症状が起きないことを確認しながら減量していくことになります。
-----------------------------終了----------------------------------------

私が 量を戻しても離脱症状が収まらなかった時に、この部分を思い出して、減薬開始時の 1mgを飲みました。
脳が大混乱を起こしている時には、戻すというより多少増量して、大混乱を収束させる。
そして再び、元の量から減薬を進める。 という指針になりました。


★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2016_12_20


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



断薬500日目。

脳(GABA受容体)の回復に必要なものは、減薬と時間です。

ベンゾを長期連用すると、過剰なベンゾによる過鎮静を解消しようと不要なGABA受容体が廃棄されます。この脳の構造的変化が依存と耐性を生じさせます。

今度は逆に、減薬により ベンゾの脳への干渉を減らし、脳が自力で働くように仕向けて、
廃棄されたGABA受容体を復活と増加を促すわけです。

GABA受容体の復活には時間がかかるので、時間経過を待つしかないのです。

ところで、最近、待つだけの姿勢から、積極的に回復力を高めようと攻めに姿勢に変えました。
しかも、脳やGABA受容体だけに限定せず、全身のポテンシャルを上げようというものです。
そうすることで結果的に 脳の回復も促進されると考えました。

具体的には、体全体の自然治癒力を高めようと、食事内容を変え、精神面でリラックスする時間を十分に取り、
睡眠時間は十分に確保する などです。

そして それは効果がありました。
明らかに、体調や健康状態が良くなり、耳鳴りなども軽減し、体全体のポテンシャルや自然治癒力が上がったように思います。

減薬中からなぜこの考えに至らなかったのだろうか?

とりあえず今実行している食事内容が
白米を 出来るだけ玄米食にする。
野菜など 植物性の食品を中心にして、よく噛む。
タンパク質は、豆腐、納豆、小魚から取る。
野菜ジュース 1日500ml 
更にミネラルウォーター500mlに疲労回復の効果があるクエン酸を入れて飲んでます。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やし腸内環境を改善し、自然治癒力・免疫力を高めるとされる乳酸菌飲料とサプリ あと バナナ
漢方薬で 半夏厚朴湯

精神面からのアプローチで
リラックスするために、ユーチューブの癒し系BGM聞きながら ヘルストロンにゆったりと横たわる
その時、腹式呼吸で 吐く息を長くゆっくりと吐くと副交感神経が優位になるそうです。

普段 聴いているBGMの一つをご紹介すると、こんなBGMです。




体全体のポテンシャルを上げれば、脳の回復も促進されるはずです。
皆さんも、出来れば 減薬段階から ご自分に合う食事や健康法を 色々と試してみて欲しいですね。 
もう既にやっている方もいるかもしれませんが、全身のポテンシャルを高める栄養面や精神面からのアプローチも大事な気がします。


★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2016_12_13


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



減薬が混乱する原因の一つに、
何が原因で離脱症状が出ているか分からなくなることだと思います。

1種類のベンゾを 一定量減らしている場合に離脱症状が出れば
そのベンゾの減らし方が多すぎたとわかります。

しかし、多種類のベンゾを飲んでいる場合
A薬を減らし B薬も減らし C薬も減らし などとしていると
どれが原因が分からなくなり、減薬が混乱する元になります。

多種類の場合は、 1種類ずつ減らすようにとは よく言われますが
原因を特定するためにも、そうした方が良いと思います。

A薬は減らすが、B薬とC薬は 固定する。
そうすることで、 離脱症状の原因は A薬と特定出来ます。
そうすれば、量だけの問題になるので、対処の方法が簡単です。

ベンゾ依存では、低下した自律神経の抑制機能を ベンゾジアゼピンが支えており
減薬によって、その支えがなくなると、興奮機能が勝って 離脱症状となります。
だから、 減薬量の調節が重要になってきます。
減薬量の調整で 離脱症状のコントロールが出来る。
量だけを考えるには、1種類にすべきなのです。

もっと言えば、ベンゾ系薬剤以外の外的要因も固定しておくべきだと思います。
つまり、減薬は、原疾患が治癒していて、健康や精神状態が万全の時に始めるのがベストかなと思います。
(私が減薬始めた時も、他に憂慮するものが何もない時でした)

毎日続く減薬作業と離脱症状に耐える日々が続くので 他に悩ますものがない時が良いと思います。

減薬は出来るだけシンプルにすると上手くいくような気がします。
★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2016_12_07


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



断薬488日目。


減薬を始めた人にとって
断薬は目標ですが、それはあまりに遠すぎます。

それよりも 当面の小さい目標を設定する。
たとえば、 まず90%まで減薬することを目標にする。

次は 80%

遠いゴールを見なくて、目の前の目標だけ見る。

目の前のゴールにたどり着いたら、自分をほめてあげる。

服用量が少なくなれば、耐性や依存 常用量離脱 などから遠のくはずです。

私が実践していた小刻みな目標設定ですが、
以外と達成感も味わえるし、良いような気がします。
★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2016_12_01


11  « 2016_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アクセス数

水溶液減薬グッズ

断薬日数(自動更新)

GABA

精密天秤

(精密天秤Amazon精度0.001g )

sponsor area

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  09  08  07  06 

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top