FC2ブログ



【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



今までも何度か書いたような気がしますが、
私が2%ずつ減らしたと言って、同じ2%ずつ減らす必要はありません。

最初、減らす基準として、2%を使うのは構いません。

しかし、最終的には 自分で調整してください。

3%に増やして見たり、1%に減らしてみたり、
離脱症状がキツイなら、0.5%でも、0.1%でもいい

自分に合う漸減量を人体実験しながら 探してください。

ステイも 1週間とか、固定した期間を決めないで、
「離脱症状が治まるまで」
「体調がよくなるまで」
つまり体調を基準にして決定してください。

GABA受容体の回復度とか 測定出来れば一番いいと思いますが、
今のところ、そういう検査が出来るという情報は見たことありません。

今のところ、「体調」が回復度合いを見る一番の基準です。

脳の回復といっても
頭をかち割って顕微鏡ででも見ない限り
何が起こっているのか実際の所はわかりません。

しかし、低用量で離脱症状が出なくなったら
それは、脳が回復してベンゾが支えていた機能を補完した
と考えてもいいと思います。

私はそういう風に考えました。
理屈はそうなっているからです。
私は何でも自分の都合にいいように考えてきました。
きっとそうだ と。

最終的には薬を減らせて、ゼロに出来ればいいのです。
脳を回復させて、薬が不要な体にすればいいのです。

ネットでたまに私と同じ2%でやっているという内容の記述を見かけます。
私のやり方に固執しないでください。
自分に合わせてアレンジしてください。
減薬の本質・目的さえ理解すれば、やり方は自分で編み出せるはずです。


★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2020_05_20


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



減薬スケジュールを指示したサイト等で多いのが、
錠剤の1/4ずつ減らすとか、2週間おきに減らすとか
確定した数字が出てくることがあります。

しかし、その数字には根拠がないばかりか、
減薬時の反応には個人差があるため、
数字を固定するのは現実的ではないと思います。

減薬量・減薬速度は体調を基準にして自身で調整し、決めてください。

減らす量は、「離脱症状が忍容可能な範囲に収まり、QOLを保てる量」です。
減らす間隔は、「離脱症状が治まるまで」です。

低用量で離脱症状が起きないということは
それだけ脳機能が戻ってきたということです。
それを確認しながら減薬を進めるべきです。

機械的に減らすのではなく、
「薬を不要な脳に回復させていく。」
ということを常に意識しながら減薬を進めてください。


★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2020_04_02


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com




私の減薬の方法を紹介します。

■1回の減薬量とステイの日数を決定する

さて 今日から減薬する とした場合
まずどのくらい減らすのか?どのくらいステイするのか?を決めないといけません。

※ステイ= 減薬後、同じ量で維持する期間

以前、錠剤を 1/4ずつ割って減らす大雑把な減薬で失敗しており、
今回は微量ずつ時間かけて減らすと決めていました。

脳はベンゾジゼピンの影響でダメージを負っており、
それが脳のポテンシャルを低下させており、それが離脱症状の原因となっています。
それは減薬により 長い時間をかけて、自然回復させるしかありません。

長期戦になるとみて 減薬期間は1年と設定しました。
ステイは1週間を設定しました。 
1年は約50週なので1/50ずつ つまり2%ずつ減らせば1年で減薬出来ます。
つまり 1週間毎に 2%ずつ 階段状に減らしていくイメージです。

■減薬の手段を決定する

1/50ずつ減らすには、錠剤を割る方法では無理なので 、考えたあげく
偶然思いついた「水に溶かしてカサを増やして減薬する」という手法にしました。
既に実践してる方々もいて
「水溶液減薬」とか「Water Titration」 などと言われているようです。

■減薬に行き詰った時は 減薬速度を調整する。

途中 50%まで減薬した時から、減薬が行き詰り
1週間に 1%に 減薬速度を落としました。

おおまかな スケジュールは 決めても
実際は、体調と相談しながら、
1回の減薬量や ステイの長さは 固定せず 柔軟に変えていきました。

水溶液減薬の場合

100ml のビーカーで 1ml が最少目盛で 1%が最少減薬量ですが
計量カップと水の容量を増やせば、どんなに微量な調整でも出来ます。
200ml の 1ml は 0.5%ですし、500ml の 1ml なら 1/500=0.2%単位
という超微量な減薬も可能です。

ステイの長さの調整も
離脱症状が回復しない時は、1週間以上ステイしましたし、
同じ量で何度減薬しても忍容不能な離脱症状が発症する時は
量を一段階前に戻して、
1ヶ月 2ヶ月の ステイすることもありました。

減薬する毎に、何度トライしても忍容不能な離脱症状が発症する 
壁のような量がある場合 減薬スピードに脳の回復が追い付いていない 
のだろうと思います。
その場合は、同じ量での長いステイが効果的です。
(私の場合 壁は 減薬率が50~60%と21%に出現しましたが、
順調に進む方もいると思います。そういう方は長いステイは不要と思います。)

減薬 → 離脱症状発症 → 脳の回復が始まる → 
→脳の回復に比例して 離脱症状が収束する → 次の減薬

この流れにの乗ると上手く減薬出来るような気がします。

■離脱症状発症状況に応じた 減薬の流れ

私は だいたい 以下の流れで減薬してきました。
減薬手段は、水溶液減薬等、減薬量が自由自在にコントロール出来ることが条件

1.設定した量だけ、減薬する(私の場合 1~2%)

2.離脱症状の発症の仕方に応じて対処する
 A))離脱症状が忍容不能の場合  
   ①量を戻す。
   ②それでも離脱症状が収束しない場合は 2~3ステップ前まで戻す。
   ③離脱症状が収束したら、減薬量を 更に少なくして 再び ①へ
   ④減薬量を少なくする以外に、ステイを長くする選択もある。

 B)離脱症状が 認容可能の場合
   ①設定した期間 ステイする(私の場合 1週間)
   ②設定した期間過ぎても離脱症状が回復しないなら、回復するまで ステイする。

3.何度トライしても、同じ量で認容不能な離脱症状が発症する場合
  ①量を戻し、通常1週間のステイを 2週間~3週間に伸ばす。 
  ②場合によっては 1ヶ月 2ヶ月になることもありうる。
  
4.離脱症状等 不調が回復し、十分ステイしたら、 再び 1 へ




★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2015_07_01


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



■減薬対象
ワイパックス。ベンゾジアゼピン系抗不安剤。
1mgを 朝・夜 1日2回 10年間服用していた。

■減薬目的
脳の回復。
減少したGABA受容体を増やし、自律神経系の鎮静化機能を取り戻すため。

■減薬手段 
水溶液減薬です。
ワイパックスが水に溶けているかどうかは不明。(一応脂溶性らしいので溶けていないのかも)
しかし、今まで困ったことはないので、正確に漸減出来ていると思われます。

■減薬は微量ずつ
100%~50%までは、2%ずつ
50%~ は 1%ずつ減らしてます。

■ステイは 1週間
ステイ=減薬後 薬の量を維持する期間
基本は 1週間くらいですが、 
最近は、離脱症状が回復したら 4~5日で すぐ次の減薬しています。
回復しないときは、1ヶ月~2ヶ月ステイしたこともあります。
離脱症状が回復するまでは必ずステイします。

■認容不能の離脱症状が発生時は 量を戻す
減薬して、耐えられない離脱症状が発症した時は、量を戻してます。
それでも 離脱症状が収束しない時は、2~3ステップ前に戻してます。
後戻りしても、一度減薬した量まではすぐ減薬出来ます(経験上確認済み)

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2015_05_11


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



■ワイパックス 服薬量・服薬期間
10年間 朝晩 各1mg服用(2mg/日)

■減薬開始~50%まで
1週間毎に 朝晩各 2%(=0.02mg) 減らす
(1日量 0.04mg減)

■減薬率50%~ 1%
1週間毎に 朝晩各1%(=0.01mg) 減らす
(1日量 0.02mg減)

■減薬率35%~21%
1週間毎に1%減は同じだが 4日間かけて段階的に減らす残り3日はステイ

■減薬率21%~ 1%
朝晩各1%(=0.01mg) 減らす。 ステイは離脱症状が消失するまで。
(1日量 0.02mg減)

■減薬率1%~0%
1/100 → 1/200 → 1/300 ・・・・・・・1/900 → 1/1000 → 0
ステイは 離脱症状が消失するまで
★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★



独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


2014_10_20


05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセス数

水溶液減薬グッズ

断薬日数(自動更新)

GABA

精密天秤

(精密天秤Amazon精度0.001g )

sponsor area

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  09  08  07  06 

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top