※この記事は常に一番上にあります。最新の日記はこの記事の下にあります。
または右カラムの「最新記事」をご覧ください。


水溶液減薬の手順(動画)
[広告] VPS

ベンゾジアゼピン系薬剤は 依存を形成します

ベンゾジアゼピン系薬剤を長期連用すると、脳が構造的・機能的変化を起こし依存・耐性が形成されます。アシュトン・マニュアルによると、2~4週間以上の使用で依存・耐性が形成される可能性があるそうです。構造的・機能的変化とは、GABA受容体の減少と、それに伴う自律神経系の抑制機能の低下です。薬がないとリラックス出来ない体(脳)になり、薬を止めると自律神経が暴走し、離脱症状
を引き起こします。

ベンゾジアゼピン依存の問題は「脳が構造的に変化を起こしている」ことにあり、薬を体内から抜けば依存が解消するというものではありません。徐々に減薬することにより、
この変化してしまった脳を元に戻す・つまりGABA受容体を回復させ、低下した自律神経系の抑制機能を取り戻し、薬を必要としない体(脳)にすることが、真の断薬へとつながるのです。



減断薬状況

ベンゾジアゼピン系薬剤であるワイパックスを10年間服用。

2013/5/12水溶液による減薬を開始し、2015/8/2 断薬
減薬期間は 2 2 ヵ月 21  

2017 / 4 / 13現在 断薬621日目   


現在までの経緯

●薬の服用歴
(減薬前までの薬の服用歴です。)

●ワイパックス依存に至った経緯
(いかにしてワイパックスに依存に至ったのかの経緯です)

●過去に減薬に挑んだ時の話
(何も知識がない頃に減薬に挑んだ時の自爆話です)

減薬・断薬の記録

●減薬・断薬日記
(ベンゾとの戦いの記録)

●減薬グラフ&一覧表
(減薬開始~終了の 減薬率の推移グラフと一覧表です)


減薬の方法

減薬はベンゾジアゼピン系薬剤により生じた脳のダメージを回復させていく手段です。脳の回復には時間がかかるので、薬を長期的かつ計画的に微量ずつ減らしながら、離脱症状を最小限にしつつ、自然治癒力による脳の自然回復を待ちます。

●減薬の方法
(私の減薬方法を紹介しています)

●水溶液減薬の手順
(微量減薬の有効な手段である水溶液減薬の手順です)

ワイパックスの水溶液減薬の適性
(ワイパックスは実は水に溶けている?私のブログ関連で4人(私を含む)の断薬成功者を出したワイパックスの水溶液減薬について考察してみました。)

●減薬のコツ&考え方
(私が2年以上の減薬経験で得た減薬のノウハウ・考え方など)

●水溶液以外の減薬法
(水溶液減薬が難しい場合の漸減法)

●ベンゾジアゼピンの減薬・断薬
(2年以上の減薬で得た知識・経験を動画にしました。)
[広告] VPS

ベンゾジアゼピンの影響
 
(離脱症状が出る仕組み)

ベンゾジアゼピン系薬剤の継続的な介在の影響で「脳が構造的に変化を起こす」ことが耐性と依存の元凶です。その変化を元に戻していくことが真の断薬に繋がります。ベンゾジアゼピン系薬剤の脳への影響、薬を止めると苦痛を感じる(離脱症状)原理、そしてゆっくり減薬する必要性を解説しています。

●ベンゾジゼピンの影響と離脱症状
(ベンゾジアゼピン長期連用者の脳に何が起こっているのか?)


●ベンゾジゼピンの脳への影響と離脱症状(動画)
(ベンゾの影響を一人でも多く知ってもらうために動画を作りました。)

[広告] VPS

脳の回復

●GABA受容体の回復
(減断薬を成功させる鍵は、脳=GABA受容体の回復にかかっています)


減薬の考察

●ベンゾ依存と減薬についての情報

●ホメオスタシス

●苦しまずに減薬するために

●減薬のセオリー

●影響を受けた知識

●情報を取捨選択すること

推奨サイト

●アシュトン・マニュアル
(ベンゾジアゼピン減断薬のバイブル。ベンゾと戦う知識はここで得ました。)


●ジャストアンサー医療
(医師が患者の質問にQ&A形式で答えてくれるサイトで、猫山司氏の減薬に対する回答が簡潔で分かりやすく、減薬の大いなる指針となりました。)


2037_01_01


断薬623日目。

最近、かこさんのブログのベンゾのアンケートの話題を巷で見かけるようになり
かこさんのサイトで内容を見て、これは回答すべき内容だと思い、
私も回答させて頂きました。

精神医療の真実  フリーライターかこのブログ
https://ameblo.jp/momo-kako/

アンケート内容
---------------------------
1、あなたのベンゾジアゼピン服用期間はどれくらいですか?

2、服用量は医師の処方量以内ですか?

3、服用期間中に医師等から依存性があることについて説明がありましたか?

4、あなたの原疾患はベンゾジアゼピン服用により治癒、もしくは寛解状態となりましたか?

5、離脱症状はありますか?

6、上記5は、原疾患とは明らかに違う症状がありますか?

7、上記5の症状はどれくらい続いていますか?

8、離脱症状の説明は医師からありましたか?

9、あなたは厚生労働省に何を伝えたいですか?
------------------------


かこさんとあと2名の方が実際に 厚生労働省と交渉するそうです。
そのための出来るだけ多くの我々の声を集めているとのことです。

社会を変えるのは我々の行動。
かこさんの行動力に感謝と尊敬の念に堪えません。

私は せめてアンケートに答えることで協力させて頂きました。
ベンゾの野放し状態が出来るだけ早く規制されて欲しいと思います。

私が 厚生労働省に希望するのは

1.厚生労働省に人間に、我々ベンゾの減薬中・断薬中の人間が当然持っている知識=アシュトンマニュアルの内容を認識して欲しいこと。
2.医師にも 同レベルの知識を持ってもらうこと。
3.ベンゾ処方を2~4週間以内に限定すること。
4.ベンゾ処方時に、2~4週間以上の使用で脳に構造的・機能的変化(GABA受容体の減少と自律神経の抑制機能低下)が起こり、耐性と依存が生じる可能性があることを医師が患者に説明すること。
5.4の内容を薬の副作用説明欄に記述すること。

などです。

特に 2はぜひお願いしたい。

私は医師の世界をよく知りませんが、
医師の知識は医科大学卒業時で止まっているのでしょうか?

研修とか 定期的に医学や知識に進歩にあわせて、勉強しているのでしょうか?
少なくとも、精神医療の場においては、医師は大学卒業時で知識が止まっている気がします。

ベンゾジアゼピンの知識はむしろ、我々減断薬中の人間の方が詳しいくらいです。
ネットの普及で知識が無料で簡単に手に入るようになったことが大きいと思います。
しかし それは我々素人に限らず、医師でも同じなのだから、自主的に勉強するべきです。


それから、他の方の回答も読んだのですが、

>4、あなたの原疾患はベンゾジアゼピン服用により治癒、もしくは寛解状態となりましたか?

に対する回答で、 ほとんどが 「いいえ」だったことが、(ある程度予想できたとはいえ)ショックでした。
ベンゾの投与が治療になっていないことの証明でした。
あと、
「普通の生活をしたい」と訴えていた方が何人かいらっしゃって、身につまされる思いでした。


2017_04_15


私がまだ減薬中に
あるサイトに「微量ずつ減らして、減らしたことを脳に気付かせないよう、脳を騙して減薬することが大事」と書いていました。

しかし当時「減断薬において重要なのは脳の回復」と思っていたので脳を騙すということに違和感がありました。
そして断薬600日を超えた現在、2年2ヶ月の減薬の経験から確実にそれは違うと思いました。
微量ずつ減薬することは、酷い離脱症状を出さないために重要だとは思いますが、
脳に気付かせない つまり 全く離脱症状を発症させないように減薬するのは、違うと思います。

なぜこのように思うかと言うと、私の50%~20%での減薬経験からです。

私は減薬率50%から 週2%減を週1%減に減薬速度を落としました。
順調に進んでいたんですが、減薬率35%くらいから「離脱症状を更に軽減したい」という思いから、週1%減薬を 更に細分化して1~2日間隔で0.2~0.3%落とす方法に変えました。
確かに離脱症状は ゼロに違い状態まで軽減しました。
しかしそのツケは 減薬率20%に到達した時に 熱感とだるさと頭のしびれという形で現れました。
その離脱症状のために、先に進めなくなり、合計3ケ月のステイを強いられたのです。

これも私の考えですが 減薬率35%~20%の間、
 「離脱症状を出さない減薬で脳の回復が起こっていなかった」
と考えています。

実際、3ケ月のステイが終了後、
また週1%減薬に戻したら、離脱症状は出るものの、順調に減薬が進み始めました。

この経験を踏まえて
ここからは私の考えです(正しいとは限りません)

減薬を むしろ脳に気付かせる必要があると思います。
まず減薬することで、軽い離脱症状を起こします。
つまり過興奮の状態にして、体内のバランスが崩れていることを脳に気付かせます。
そうすれば、ホメオスタシス(恒常性維持)を働いて、崩れた体内バランスを収束する方向性を生み出します。
これが脳の回復・GABA受容体の回復につながると思っています。

気付かせないと脳の回復が起こらず、先で壁にぶちあたる可能性があると思われます。
「減薬で軽い離脱症状を起こして、ホメオスタシスを働かせる」ことが、脳の回復のための鍵になると思われます。

2017_04_10


断薬613日目

水容器による減薬では薬が均一に溶けていることが、正確な計量・減量を実現するので
撹拌してなんとなく全体に薬が拡散してるのと、均一に溶け込んでいるのでは
計量の正確さが違ってくる。

果たしてワイパックスの有効成分であるロラゼパムは水に溶けているのか?

まずその前に前提として
錠剤の大部分が薬効とは無関係な添加物で形成されていることと、
添加物は水に溶けない物が多いことを知っておく必要がある。
水溶液中に溶け残りの粉が多量に存在してもそれが添加物なら何の問題もない。
薬の効き目を決める 有効成分が溶けているかどうかが問題なのだ。


結論から言えば、数多くの状況証拠から
ワイパックスの有効成分 ロラゼパムは水に溶けていると思われる。


(1)ワイパックスとユーパン(ジェネリック)の比較

昔、私のブログへのコメントで
「ワイパックスのジェネリックのユーパンはワイパックスより水に溶ける」
という情報が提供された。
この意味する所は、ワイパックスもユーパンも有効成分は同じロラゼパムであり、溶け方の違いは添加物の違いによるものである。従って水溶液中に漂う粉は添加物であり、ロラゼパムは綺麗に溶けているのでないか。


(2)溶け残りはの大部分は添加物

錠剤における有効成分は割合は極わずかであり、錠剤を形成する大部分は添加物である。
http://kusuri-jouhou.com/nyuumon/tenka.html

添加物は水に溶けないものが多い。

ワイパックスの添加物( 形や量を維持するために添加する物 )の一覧 
http://www.wdic.org/w/SCI/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

■乳糖 (水に溶ける)  
http://www.siyaku.com/uh/Shs.do?dspCode=W01W0112-0009
■結晶セルロース(水に溶けない)  
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9
■トウモロコシデンプン(水に溶けない) 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3
■ステアリン酸マグネシウム(水に溶けない)
https://www.taihei-chem.co.jp/product/chemical/recommend01/


つまり水溶液中に溶け残っている粉は、大部分が添加物であり、有効成分であるロラゼパムは溶けている可能性がある。


(3)断薬成功者の実績

私のブログ上で出会った中だけでも、ワイパックス水溶液減薬で断薬まで辿り着いた方が私を含めて4人存在する。
ワイパックスが均一に溶けていなければ、この成果はありえない。


(4)自分自身の経験から

自分自身が 水溶液でワイパックスの1/100mg単位の減量を制御出来ていたことが均一に溶けている何よりの証拠と思われる。。

「減量すれば軽い離脱症状が出て、減量の幅により離脱症状の強弱がコントロール出来ること。」
「ステイ中は常に同じ量を正確に計量して、何も症状が出ない。」
これが理想の減薬である。

計量が正確でなければステイ中に離脱症状が出たり、減量しても何も起きないという結果になる。 
つまりワイパックス1/100mg=水溶液1ml単位の減量をコントロールするには、均一に溶けていないと難しい。

[広告] VPS


動画見ればわかるが、撹拌すると遠心力で外側に粉が偏る。私は攪拌し粉が浮いている間に中心部分から注射器で抜き取っていたが、有効成分が溶けておらず添加物の粉と同様に漂っているだけなら、ビーカーの中心部と外側で濃度の差が出て正確な計量が出来なかったはずだ。当然、時間経過と共に粉は重力で沈降していき、ビーカーの上下でも濃度差が出て、注射器で吸い取る時間が少しで違えば計量が不正確になる。これらは常に脳裏にあったものの減量が上手くいっていたので、そのまま続けた。

上手くいかないはずなのに、上手くいく。
この理由は、以下のように結論するしかない。
1/100mg単位で正確に計量・減量出来ていたのは、ワイパックスの有効成分ロラゼパムが水に均一に溶けていたからと思われる




2017_04_05


断薬608日目

減薬において血中濃度を安定させながら、減らしていくことが重要であり
アシュトンマニュアルでは 半減期の長い薬への置換を進めています。

しかし、それ以外に、血中濃度を安定させるために最近思うことがあります。

それは 

1.一定の時間間隔で飲む。

2.毎回 同じ量を飲む。

です。


1.一定の時間間隔で飲む。

私は、ワイパックスを 12時間間隔で 朝も夜も同量飲んでました。

朝 AM7時前後と 夜 PM7時前後です。

可能なら 8時間間隔や 6時間間隔でもいいのかもしれません。
それの方が血中濃度が安定するかもしれません。

ただ、8時間の場合は、昼間飲む必要があり
私は働きながら減薬していたので、昼間の服用は難しく
12時間間隔でも問題なかったので、ずっとそのまま減薬しました。

6時間の場合は、睡眠時間を考えると、難しいかもしれません。


2.毎回 同じ量を飲む。

私は 1%減量したら 次に減量するまでは、ずっと同じ量を飲んでいました。

つまり 仮に50%から 49%に減量したら、その後は ずっと朝の夜も49%の服用でした。
朝と夜を別物とはせず、12時間置きに 同じ量を飲んでいただけです。

今まで、何人か 朝と夜の服用量が違う方がいましたが、恐らく常に一定の量を服用していたほうが血中濃度の変動が少ないと思われます。

2017_03_31


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

断薬日数(自動更新)

アクセス数

Gallery

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top