※この記事は常に一番上にあります。最新の日記はこの記事の下にあります。
または右カラムの「最新記事」をご覧ください。



水溶液減薬の手順(動画)

水に溶かしてワイパックスを漸減する方法を動画にしてます。液体に溶かして減薬する方法は、薬の種類によって向き不向きがあります。水が難しい場合は牛乳を使ったり、粉砕して粉にして重量を計測する方法もお試しください。ワイパックスの場合、水による減薬は 私自身が断薬出来たことと、ブログで関わった4人の方が断薬までたどり着いているので、適性があると思われます。

[広告] VPS

ちなみに動画中で溶けずに浮遊している粉はほとんどが添加物(乳糖、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、ステアリン酸マグネシウム)です。ワイパックス1mgの場合、錠剤の重さは100mg。 つまり有効成分ロラゼパムが1mgで、残り99mgは添加物です。添加物の溶け具合は無関係で、有効成分の溶け具合が液体減薬の鍵を握ります。


脳の構造的変化が耐性・依存の元凶

ベンゾジアゼピン系薬剤を長期連用すると、脳が構造的・機能的変化を起こし依存・耐性が形成されます。アシュトン・マニュアルによると、最短で2~4週間です。構造的・機能的変化とは、GABA受容体の減少と、それに伴う自律神経系の抑制機能の低下です。自律神経の抑制機能が低下をベンゾジアゼピンが支えてバランスを保っているため、減断薬すると自律神経が暴走し、離脱症状
が起こります。

ベンゾジアゼピン依存の問題は「脳が構造的に変化を起こしている」ことにあり、薬を体内から抜けば依存が解消するというものではありません。徐々に減薬することにより、
変化した脳を元に戻ししていきます。そうしてGABA受容体を回復させ、低下した自律神経系の抑制機能を取り戻し、薬を必要としない体(脳)にすることが、真の断薬へとつながるのです。



減断薬状況

ベンゾジアゼピン系薬剤であるワイパックスを10年間服用。

2013/5/12水溶液による減薬を開始し、2015/8/2 断薬
減薬期間は 2 2 ヵ月 21  

2017 / 9 / 22 現在
 断薬783日目


現在までの経緯

●薬の服用歴
(減薬前までの薬の服用歴です。)

●ワイパックス依存に至った経緯
(いかにしてワイパックスに依存に至ったのかの経緯です)

●過去に減薬に挑んだ時の話
(何も知識がない頃に減薬に挑んだ時の自爆話です)

減薬・断薬の記録

●減薬・断薬日記
(ベンゾとの戦いの記録)

●減薬グラフ&一覧表
(減薬開始~終了の 減薬率の推移グラフと一覧表です)


減薬の方法

減薬はベンゾジアゼピン系薬剤により生じた脳のダメージを回復させていく手段です。脳の回復には時間がかかるので、薬を長期的かつ計画的に微量ずつ減らしながら、離脱症状を最小限にしつつ、自然治癒力による脳の自然回復を待ちます。

●減薬の方法
(私の減薬方法を紹介しています)

●水溶液減薬の手順
(微量減薬の有効な手段である水溶液減薬の手順です)

ワイパックスの水溶液減薬の適性
(ワイパックスは実は水に溶けている?私のブログ関連で4人(私を含む)の断薬成功者を出したワイパックスの水溶液減薬について考察してみました。)

●減薬のコツ&考え方
(私が2年以上の減薬経験で得た減薬のノウハウ・考え方など)

●水溶液以外の減薬法
(水溶液減薬が難しい場合の漸減法)

●ベンゾジアゼピンの減薬・断薬
(2年以上の減薬で得た知識・経験を動画にしました。)
[広告] VPS

ベンゾジアゼピンの影響
 
(離脱症状が出る仕組み)

ベンゾジアゼピン系薬剤の継続的な介在の影響で「脳が構造的に変化を起こす」ことが耐性と依存の元凶です。その変化を元に戻していくことが真の断薬に繋がります。ベンゾジアゼピン系薬剤の脳への影響、薬を止めると苦痛を感じる(離脱症状)原理、そしてゆっくり減薬する必要性を解説しています。

●ベンゾジゼピンの影響と離脱症状
(ベンゾジアゼピン長期連用者の脳に何が起こっているのか?)


●ベンゾジゼピンの脳への影響と離脱症状(動画)
(ベンゾの影響を一人でも多く知ってもらうために動画を作りました。)

[広告] VPS

脳の回復

●GABA受容体の回復
(減断薬を成功させる鍵は、脳=GABA受容体の回復にかかっています)


減薬の考察

●ベンゾ依存と減薬についての情報
(2年の減薬で得た役に立つ情報をまとめてみました。)


●ホメオスタシス
(耐性が生じるのはホメオスタシスが働くためです)

●苦しまずに減薬するために
(減薬に根性も気合も不要)

●減薬のセオリー
(減薬で守るべきたった2つのこと)

●影響を受けた知識
(ベンゾと戦う武器は 知識)


●情報を取捨選択すること
(無駄・無益な情報を排除し、役に立つ情報だけを取捨選択する)

推奨サイト

●アシュトン・マニュアル
(ベンゾジアゼピン減断薬のバイブル。ベンゾと戦う知識はここで得ました。)


●ジャストアンサー医療
(専門家が患者の質問にQ&A形式で回答するサイト。中でも猫山司氏の回答が簡潔・明瞭。私の減薬の指針となりました。)


◆その他

●薬の変更で離脱症状
(薬の変更は、薬の強さを考慮しないと離脱症状を生む)

●安定してから進む
(脳の回復を「セーブしてから進む」のが断薬への確実な道)

●常用量を下げていく
(減薬して安定すれば そこはスタート地点)

●精神薬と減薬の基本
(精神薬は症状を抑えながら、身体能力を弱らせる)


2037_01_01


断薬784日目

血圧の薬を飲み始めると、段々量が増えていくと聞きます。
体に、血圧を上げないといけない理由があり、
そのために血圧が上がっているので
薬で下げても、体は再び血圧を上げようと頑張ります。

薬が血圧を下げようとしても、その効果を体側が打ち消します。
そうして 薬が効かなくなり、更に薬を増やさなければならなくなり、どんどん増えていきます。

これが耐性です。


ベンゾジアゼピン系薬剤で耐性が生じるのも同じような原理です。

薬の効果で鎮静・催眠・抗不安効果が プラスになると

体側の本来持っている鎮静・催眠・抗不安能力がマイナスされて、

プラスマイナス 0 になります。

薬を増やしても増やしても、体はその効果をマイナスするように働きます。

こうして薬の効きが悪くなり、耐性が形成されます。

これは、異常でもなんでもなく、
ホメオスタシス(恒常性維持)機能が正常に働いている証拠なのです。


2017_09_23


断薬777日目。

以前、どこかのサイトで見たような記憶があるんですが
1日に飲む量を変えていないのに、離脱症状が出て困っている方がいました。

はっきりとして数字は覚えてないんですが、
あるベンゾを 1日に 2mgを1回 飲んでいた人が、
血中濃度を安定させるために、飲む回数を増やし 1日数回飲むようにしたそうです。

しかし その方は どう勘違いしたのか、
2mg を 1日 4回に分けて 飲んだのです。

つまり 0.5mg を 4回 です。

これでは 2mg を 0.5mgに減薬したことになってしまいます。
最高血中濃度到達時間TMAXでの 最高血中濃度が著しく下がってしまい、
離脱症状が出ます。

半減期の短い薬を 薬のキレ際を無くすために1日の飲む回数を増やす時は、
1回に飲む量を減らしてはいけません。
1日1回 2mg 飲んでいた場合は、あくまで 2mgを 2回とか、3回飲む必要があります。 

減薬は 1日の合計量を減らしていくことではなく、
1回に飲む量を 少しずつ減らし、TMAXでの最高血中濃度を 
少しずつ 下げていくことです。

こういう勘違いは どツボにはまる可能性があるので、要注意です。


2017_09_16


知恵袋への回答をずっと続けていますが、
最近では私へ名指しでの回答リクエストが来るようになりました。

今日も、知恵袋見ていたら、

医師にデパスをいきなり止められて、離脱症状に苦しんでいる方がいました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10179404380?__ysp=44OH44OR44K544Gu6Zui6ISx55eH54q2

無知にもほどがあります。
こんな医師に翻弄される患者は悲惨です。

おまけに、医師に離脱症状を訴えたら
ジェイゾロフトを出されたそうです。

SSRIを出して どうしようというのでしょうか?
ベンゾの離脱症状は ベンゾでしか抑えられないのですが・・・

とりあえず、今から回答を投稿しようと思いましたが、
既に お一人の方が アシュトンを知っているようで、的確な回答されていました。

後、この方は常用量離脱のようです。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10179412620?__ysp=5rib6Jas44Gn44GN44G%2B44Gb44KT

5%ずつの減薬でも苦しいようで、アドバイスとしては 
もっと細かく1~2%ずつ刻むように言うしかないですが、
既に、そのような内容を回答されている方がいるようです。

今まで、かなりの数の質問に回答してきましたが、
ほとんど まともな回答がついていませんでした。

今回 この2つの質問に関しては、
ある程度知識を持った方の的確な回答がついていて、質問者の方も助かったと思います。


2017_09_13


もし、
「医師に薬を変更されてから体調が悪くなった」
「原因が分からず悩んでいる」
という方がいたら、以下の記事の内容が当てはまる可能性があります。

ベンゾジアゼピン系の薬剤で
Aという薬 1mg から Bという薬 1mg に変更した場合に、

Aより Bの力価(薬の強さ)が低いと、
同じ重量であっても、減薬したことになり、離脱症状が出ます。

あるベンゾを 別のベンゾに変更した場合、
同じ重量でも、力価が全く同じことはめったにないので、

実質 減薬か
実質 増薬

になっています。

増薬の場合は、問題ないですが、
減薬の場合は、離脱症状が出ます。

医師に薬が変更させられて、調子が悪くなったら、これが原因の可能性があります。

薬の追加ではなく、変更の場合です。
追加は増薬になるので離脱症状は出ないと思います。

ほとんどの医師は 等価換算表など知らないと思うので、
薬の変更した場合は、実質 減薬か増薬になっていると思ってください。

以下は、吉田病院のジアゼパム等価換算表です。
http://www.yoshida-hospital.org/fuan/doc/q.html

このような表は通常「ジアゼパム」を基準にして、
「ジアゼパム ○○mg と同じ強さ・効力であるための量」を表にしています。

「数字が小さいほど強い薬」ということです。

デパスとレキソタンを例に見てみると

ジアゼパム5mgと等価な量は
デパス 1.5mg
レキソタン 2.5mg
となっています。

これの意味する所は、ジアゼパム5mg と同じ強さ・効果であるためには、
デパスは わずか1.5mgで良いが、レキソタンは 2.5mg必要ということです。
デパスの方が 力価が高い(強い薬)ということになります。

仮に、デパス 1mgを レキソタン1mgに変更した場合は
デパス 1mgは、ジアゼパムに換算すると 5×(1/1.5)=3.33mg
レキソタン1mg は ジアゼパム換算で 5×(1/2.5) = 2mg

ジアゼパム換算で 3.33mg → 2mg に減薬したことになって、離脱症状が起こる可能性があります。


次は、ワイパックスとメイラックスです。
仮にワイパックス0.5をメイラックス0.5に変更した場合、

ジアゼパム5mgと等価換算値(mg)は
ワイパックス 1.2 mg
メイラックス 1.67mg

ですから、
ワイパックス0.5mgは ジアゼパム換算 2.083mg
メイラックス0.5mgは、ジアゼパム換算 1.497mg

ということで、
2.083mg → 1.497mgに減薬したことになり、
離脱症状が出る可能性があります。


2017_09_05


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

断薬日数(自動更新)

アクセス数

Gallery

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top