FC2ブログ



 ※この記事は常に一番上にあります。最新の日記はこの記事の下にあります。

または右カラムの「最新記事」をご覧ください。

【 質問・アドバイスに関するコメントについて 】

■ブログ主は、2015年8月断薬後、ベンゾジアゼピンとは無縁な生活をしており、仕事や私生活が優先する関係上、ブログは気が向いた時の不定期更新、コメントへの返信は「出来る範囲内で対応する」というスタンスですので、返信は遅れたり、出来ない場合もあります。ご了承ください。

■離脱症状等が酷く、切迫した状況下で相談がある場合は、長文を避け、前置き等も省いて、必要な情報だけを簡潔に記載願います。必要な情報とは「服用している薬とその遍歴」特に重要なのは「状態安定時の薬の種類と量」「症状悪化時の薬の種類と量」

■質問・アドバイスに関するコメントをする前に、ブログを一通り目を通すようお願いします。
  減薬に必要な情報は全てブログに掲載しています。
(アドバイスはかなりエネルギーを使います。ブログに記述がある内容を質問するのはご遠慮ください)

■私は医師や専門家ではないので、ネットで取得出来る知識以上の回答は期待出来ません。また
素人の私が遠隔地の人の病状を文字情報のみで見抜く「診断」的なことのも不可能です。基本的に私のアドバイスは参考程度にして、最終的な方針は、医師に相談するか、ご自身で決めてください。

■減薬時の反応には個人差があるため、
記事中の「減薬の過程で人体実験によって得た知識」は、万人には当てるとは限りません。離脱症状に対する対処(ステイ・増薬等)も、一般的なアドバイスしか出来ないので、最終的には ご自身で人体実験をしながら、最善策を見つけ出してください。

最後に、断薬するためには、医師や他人を頼る「他力本願な姿勢」を「自分で考え工夫する姿勢」に改める必要があります。
数多くの方が、私のアドバイスなしに、自力で断薬され、ここに報告されてます。恐らく、ブログを細部まで見て、自分で考え・工夫して断薬まで辿り着いたのだと思われます。調べたり考えたりする手間を惜しまないことです。そうでなくては長く根気のいる減薬作業を乗り切ることは出来ません。頑張りましょう。


更新履歴
2018/5/31 断薬した方々の声 トップメニューに追加


減薬マニュアル

(減薬に最低限必要なことをマニュアル的にまとめました)


減薬マニュアル



水溶液減薬

(液体に溶かし嵩を増やして、微量漸減しやすくする手段)

[広告] VPS

年単位でベンゾジアゼピンを服用していた場合、
交感神経を暴走させないために、微量ずつ慎重に減らす必要があります。
その一手段として「水溶液減薬」があります。
文字や写真より動画が一番伝わりやすいと思い、水溶液によるワイパックスの漸減法の動画を作りました。
液体減薬は、薬の種類によって向き不向きがあります。
水が難しい場合は牛乳を使ったり、粉砕して粉にして重量を計測する方法もお試しください。
ワイパックスの場合、私自身とブログで関わった4人の方が断薬しているので、水溶液減薬に適してる思われます。

ちなみに動画中で溶けずに浮遊している粉は、ほとんどが添加物(乳糖、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、ステアリン酸マグネシウム)です。
ワイパックス1mgの場合、錠剤の重さは100mg。 
つまり有効成分ロラゼパムが1mgで、残り99mgは添加物です。
添加物の溶け具合は無関係で、有効成分の溶け具合が液体減薬の鍵を握ります。


依存の正体


★依存の元凶はベンゾジアゼピンによる脳の構造的変化★

ベンゾジアゼピン系薬剤を長期連用すると、脳が構造的・機能的変化を起こし依存・耐性が形成されます。アシュトン・マニュアルによると、2~4週間以上の使用で依存・耐性が形成される可能性があります。構造的・機能的変化とは、GABA受容体の減少と、それに伴う自律神経系の抑制機能の低下です。脳の機能低下をベンゾが支えているため、薬を止めると自律神経が暴走し、離脱症状を引き起こします。

つまり、「ベンゾジアゼピン依存の元凶は脳の構造的変化」にあり、薬を体内から抜いても終わりではなく、「脳の変化を元に戻す」ことが依存から抜け出す鍵となります。脳の回復は時間がかかるので、時間をかけて、ゆっくり減薬するのが理屈に適っているのです。



減断薬状況


10年間服用してきたワイパックス
2013/5/12に水溶液による減薬を開始し、2015/8/2 に減薬終了。
減薬期間 2 2 ヵ月 21  
2019/7/1 現在 
断薬1430日目(3年11ヵ月) 


現在までの経緯


薬の服用歴hospital03_b_04.png
(服用していた薬は2種類)

ワイパックス依存に至った経緯

(薬を処方する側と服用する側 共に無知な故に依存に至る)

過去に減薬に挑んだ時の話ダウンロード
(知識がなかった頃の減薬話です)

減薬の記録


減薬日記 
gi01a201502170600.jpg

(ベンゾとの戦いの 記録)

下記の月をクリックした後、右上のカレンダーで日付を指定すると日毎の記事が見れます。
%はその月の減薬率の変動です。

 
【2013年】
●6月(100⇒84%) ●7月(84⇒80%) ●8月(80⇒70%) ●9月(70⇒62%)
 
●10月(62⇒60%) ●11月(60⇒56%) ●12月(56⇒54%)

【2014年】
●2月(56⇒52%) ●4月(52⇒48%) ●5月(48⇒45%) ●6月(45⇒43%)
●7月(43⇒39%) ●8月(39⇒35%) ●9月(35⇒31%) ●10月(31⇒26%)
●11月(26⇒22%) ●12月(22⇒22%)

【2015年】
●1月(22⇒22%) ●3月(22⇒20%) ●4月(20⇒14%) ●5月(14⇒4%)
●6月(4⇒0.2%) ●7月(0.2⇒0.1%) ●8月(0%)

2015年9月以降(断薬後)は月別アーカイブでご覧ください。



減薬グラフ&一覧表  

減薬グラフ100%→0%

(減薬開始~終了の 減薬率の推移グラフと一覧表です)
 

減薬の方法


減薬の方法
(少しずつ時間をかけて減らすだけ)

水溶液減薬の手順
(離脱症状をコントロール出来る最良の漸減手段)

◆減薬のコツ&考え方
(2年以上の減薬経験で得た減薬のノウハウ・考え方)
  薬が脳の回復を促す
  
離脱症状からの回復パターンをつかむ
  
心が折れないことが最優先に
  
離脱症状発症から回復の間 脳が回復する
  
薬の量を戻すことについて
  
忍容不能な離脱症状は量を思い切って戻す
  
脳は必ず回復する
  
減薬途中は通過点ではなくスタート地点


水溶液以外の減薬法
(水溶液減薬が難しい場合の漸減法)

ベンゾジアゼピンの減薬・断薬
(2年以上の減薬で得た知識・経験を動画にしました。)
[広告] VPS

減薬の目的とモチベーション


(減薬をやり遂げるには、目的を見失わず、モチベーションを維持すること)

GABA受容体の回復
(減薬の目的は、脳の回復=GABA受容体の回復)

断薬を意識しない
(断薬するには断薬の2文字を意識から消す)

減薬のモチベーション
(最初からゴールを意識せず、近い目標を設定する)


ベンゾジアゼピン依存と離脱症状の仕組み



ベンゾジゼピンの影響と離脱症状
(ベンゾジアゼピンは脳のポテンシャルを低下させる)

離脱症状と常用量離脱
(離脱症状と常用量離脱の違い)


ベンゾジゼピンの脳への影響と離脱症状
(ベンゾの影響を一人でも多く知ってもらうために動画を作りました。)

[広告] VPS





知は力
ベンゾと戦う最大の武器は「知識」である



影響を受けた知識
(私の断薬の原動力となった最重要な知識)

ベンゾ依存と減薬の基本
(ベンゾの影響と減薬に関する基本知識)

精神薬と減薬の基本
(精神薬は人体のポテンシャルを低下させる)


ワイパックスの水溶液減薬の適性
(ワイパックスは水溶液減薬に適していると思われます)

情報を取捨選択すること
(有用な知識だけを取捨選択するべし)

薬の変更で離脱症状
(医師は力価(薬の強さ)の概念を知らない可能性あり)


必読サイト


JUST ANSWER医療
((私の減薬の基本方針は9割方 ここから情報を得る。猫山 司氏の回答がわかりやすい)


アシュトン・マニュアル
(ベンゾジアゼピン減断薬のバイブル。ぜひ読むべき)




断薬した方々の声


 
■非表示コメント Rさん 18/5/28
(ワイパックスを1年かけて断薬されたされたそうです。※非表示コメントのためリンクなし)
■Rさん=りんさん追伸 2018-06-21 13:58

■ひなさん 2018-05-25 12:09
(二年五ヶ月間かけて断薬されたそうです。)

■ころんさん 2018-04-13 17:22
(3年かけてワイパックスをカッターナイフけずって断薬されたそうです。)

■アンさん 2017-10-27 21:48
(2017/10/7に断薬されたそうです。)

■あずきさん 2017-08-02 23:24
(リボトリールと ジェイゾロフトを断薬されました。ご自分のブログをお持ちです。)
あずきの気楽に減薬生活(ベンゾジアピン、SSRIからの卒業)

■kobuchoro さん 2017-07-27 07:21
(私の同じワイパックスを水溶液で断薬し、2017/7/12に最後の薬リフレックスを断薬されたそうです。ご自分のブログをお持ちです。)
産後鬱 ベンゾジアゼピン 抗鬱剤 減薬日記♡(断薬成功)

■みいさん 2017-05-26 11:55
(医師の指導のもと入院断薬されたそうです。このような病院が増えるといいですね。 )

■非表示コメント t*****さん 17/04/14
(11年服用したロラゼパムを電子天秤で少しずつ減らし断薬されました。※非表示コメントのためリンクなし)

■ケイさん 2018-11-11 16:17
(デパスを15か月かけて断薬されました )

■あやみんさん 2019-01-11 01:53
(鬱の薬を2018年の年末に断薬されました )

■トトロ さん 2019-03-23 10:56
(レスタスを1年半かけて断薬されました )


(まだ全部紹介しきれていません。徐々に過去分、新規分 追加していく予定です)





スポンサーサイト
2037_01_01


私は忍容不能な離脱症状が出たら薬の量を戻していました。
場合によっては、減らす前より増量していました。

減薬時に何より避けたいのは、「心が折れること」です。
私が断薬出来ていなかったら、この言葉は説得力を持たなかったでしょう。
アシュトンマニュアルなどでは、戻すことを許容していませんが、
私が断薬出来たのは、それに従わず、自分の心の声に従ったからです。
そして、戻すことを許容しているある 2つのサイト に出会い共感したからです。

薬を戻すことの本質は「多すぎた漸減量を修正」するためにあります。
耐えられない離脱症状が出たということは、漸減量が適切でなかったということです。
その時は一旦戻して、減らす量を少なめにする必要があります。

その戻す作業は、後退とはいえ、勇気ある後退です。
減らす量を修正するためのものであり、根性がないとか非難されるものでもありません。
脳は、そこまで減らしてきた量に比例して回復しているので
一時的に戻しても、問題ありません。

量を戻すのは、脳の大混乱状態を鎮めて、減薬をやり直す作業にすぎません。
脳の回復は確実に行われているので、一時的に戻すことを恐れることはないと思います。



2019_07_14


医師とは圧倒的な専門知識と経験により、患者の病を快方に向かわせるために存在すべきである。

しかし、精神医学の分野においては、薬の副作用 特に依存そして減薬に関する知識に欠けていて
患者を大量の精神薬で薬漬けに、そこから這い上がれないようにしてしまう。

私のブログに相談に来る方も、
医師に翻弄され離脱症状や副作用により QOLを著しく低下させてから相談に来てる方が多い。
薬を増量されたり、いきなり断薬させられたり、
信じられない種類・量の薬を服用させられていたり、必要のない薬を服用させられたりと
これだけベンゾの依存が騒がれているのに、未だにこんなことを続けているのかと腹立たしい。

幸運にもこのブログに辿り着いた方は、正しい知識を持ち、決して精神科の医師に翻弄されないよう
願ってやまない。

ベンゾジアゼピンは、長期連用すると受容体を減少させ、体本来の機能が低下する。
ベンゾが機能を補強した分 体が体内機能が低下させてバランスを取るので、ベンゾを失うと自律神経が暴走する。
この仕組みをしっかりと頭に叩き込んで、決してベンゾに限らず、精神薬を服用するときは十分注意していただきたい。



2019_06_19


減薬マニュアル


① 依存の原因

ベンゾジアゼピンの長期連用による脳の器質的変化が依存の元凶である。

ベンゾジアゼピンによる神経系の鎮静・催眠作用を打ち消すために
GABA受容体の減少という脳の器質的変化が起こり、
その結果、人体が本来持っている自律神経系の抑制機能が低下する。

それをベンゾジアゼピンが補助してバランスが取れている状態が依存である。


② 離脱症状の原因

その状態で、減断薬するとベンゾジアゼピンの補助を失い、抑制機能が低下した自律神経系は
暴走し、過興奮を引き起こす。これが離脱症状である。

自律神経は、興奮を担当する交感神経と 抑制を担当する副交感神経から成る。
車に例えると、交感神経がアクセル、副交感神経がブレーキであり、
依存すると、ブレーキの効きが悪い車になり、車が暴走する。
これが離脱症状である。



③ 減薬で脳の変化を回復させる

依存は上記のように、「脳の変化」が原因であるので、これを回復させることこそが依存からの脱出の鍵となる。
依存は、外から薬で強制的に自律神経を抑制しようとした結果 それに対抗してホメオスタシスが発動し内部的機能低下が起こったことが原因であるので、減薬でその逆の現象を引き起こす。
減薬によりGABA受容体に干渉する薬を減らして、GABA受容体の回復を促す。

④ 年単位かけて微量ずつ減らす

年単位の長期連用者は、一気に減らすと 過興奮が起こり、重篤な離脱症状が発症するので、全体量の1~5%ずつゆっくりを減らしていく。

年単位かけて変化した脳は、やはり年単位の時間をかけてゆっくりと回復させていく。
減薬において 急いで減らすことに意味はなく、一気断薬したり、競争のように急いで減薬し終えても、
脳が回復していなければ、断薬後も延々と離脱症状が続き、真の断薬ではないのだ。

具体的な減薬の手法は、
少し(全体量の1~5%)減らして、耐えられる離脱症状の場合は 症状が収まるまでそのまま薬の量を維持する(これをステイという)
通常 ステイは 1~2週間 くらいだが、個人差もある。

減薬しても離脱症状も何も出ない場合、2~3日で次の減薬に進んでもよいし
逆に、症状が回復しない場合は、1~2ヶ月ステイすることもありえる。
ステイの長さは、自分の体調と相談しながら、臨機応変に変えていくこと。

減薬時、耐えられない離脱症状が発症した場合は、直ちに量を減薬前に戻す。
それでも症状が収まらない場合は、2~3ステップ前まで戻す。
後戻りしても、一度安定した量まではすぐ減薬出来る。
なぜならその量で安定するほど、脳が回復しているからである。

症状が消失し、体調が安定したら、脳が回復しその量に適応したサインであるので、次の減薬に進む。
こうやって階段状に減らしていく。

微量ずつ減らす手段は、

水溶液減薬法
粉砕計量法

などがある。


⑤ 多剤減薬

ベンゾジアゼピン系を数種類もしくは抗鬱剤など 多種類の薬を服用している場合は1種類ずつ減らす。
一度に多種類減らすと、離脱症状が起こった場合、何が原因か特定できない。

減らす順番は、

1.半減期の短いベンゾジアゼピン
    ↓
2.半減期の長いベンゾジアゼピン
    ↓
3.抗鬱剤 


である。

半減期の長いベンゾジアゼピンを最後にした方が、薬のキレ際を無くすことが出来る。
抗鬱剤は、ベンゾジアゼピン減薬の終盤での盾になるので、一番最後に減薬する。


⑥ モチベーションの維持

ただ薬を減らすのではなく、「脳の回復」という年単位かかる作業をこなすにはモチベーションの維持が重要になる。

モチベーションの維持については、

断薬を意識しない

減薬のモチベーション






2019_04_13


また一人 このブログを見て断薬された方からの投稿がありました。

ブログを続けて良かったと思える瞬間です。

トップページの断薬者の声も少し更新しました。

不幸にしてベンゾに依存してしまった方が正しい知識を得て
薬にQOLを奪われないようにして欲しいと思います。
2019_03_25


07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アクセス数

断薬日数(自動更新)

月別アーカイブ

01  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  09  08  07  06 

Gallery

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top