※この記事は常に一番上にあります。最新の日記はこの記事の下にあります。
または右カラムの「最新記事」をご覧ください。



水溶液減薬の手順(動画)

水に溶かしてワイパックスを漸減する方法を動画にしてます。液体に溶かして減薬する方法は、薬の種類によって向き不向きがあります。水が難しい場合は牛乳を使ったり、粉砕して粉にして重量を計測する方法もお試しください。ワイパックスの場合、水による減薬は 私自身が断薬出来たことと、ブログで関わった4人の方が断薬までたどり着いているので、適性があると思われます。

[広告] VPS

ちなみに動画中で溶けずに浮遊している粉はほとんどが添加物(乳糖、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、ステアリン酸マグネシウム)です。ワイパックス1mgの場合、錠剤の重さは100mg。 つまり有効成分ロラゼパムが1mgで、残り99mgは添加物です。添加物の溶け具合は無関係で、有効成分の溶け具合が液体減薬の鍵を握ります。


ベンゾジアゼピンにより脳が構造的に変化する

ベンゾジアゼピン系薬剤を長期連用すると、脳が構造的・機能的変化を起こし依存・耐性が形成されます。アシュトン・マニュアルによると、2~4週間以上の使用で依存・耐性が形成される可能性があるそうです。構造的・機能的変化とは、GABA受容体の減少と、それに伴う自律神経系の抑制機能の低下です。自律神経の興奮を抑制出来ない体(脳)になり、薬を止めると自律神経が暴走し、離脱症状
を引き起こします。

ベンゾジアゼピン依存の問題は「脳が構造的に変化を起こしている」ことにあり、薬を体内から抜けば依存が解消するというものではありません。徐々に減薬することにより、
この変化してしまった脳を元に戻す・つまりGABA受容体を回復させ、低下した自律神経系の抑制機能を取り戻し、薬を必要としない体(脳)にすることが、真の断薬へとつながるのです。



減断薬状況

ベンゾジアゼピン系薬剤であるワイパックスを10年間服用。

2013/5/12水溶液による減薬を開始し、2015/8/2 断薬
減薬期間は 2 2 ヵ月 21  

2017 / 6 / 17現在 断薬686日目   


現在までの経緯

●薬の服用歴
(減薬前までの薬の服用歴です。)

●ワイパックス依存に至った経緯
(いかにしてワイパックスに依存に至ったのかの経緯です)

●過去に減薬に挑んだ時の話
(何も知識がない頃に減薬に挑んだ時の自爆話です)

減薬・断薬の記録

●減薬・断薬日記
(ベンゾとの戦いの記録)

●減薬グラフ&一覧表
(減薬開始~終了の 減薬率の推移グラフと一覧表です)


減薬の方法

減薬はベンゾジアゼピン系薬剤により生じた脳のダメージを回復させていく手段です。脳の回復には時間がかかるので、薬を長期的かつ計画的に微量ずつ減らしながら、離脱症状を最小限にしつつ、自然治癒力による脳の自然回復を待ちます。

●減薬の方法
(私の減薬方法を紹介しています)

●水溶液減薬の手順
(微量減薬の有効な手段である水溶液減薬の手順です)

ワイパックスの水溶液減薬の適性
(ワイパックスは実は水に溶けている?私のブログ関連で4人(私を含む)の断薬成功者を出したワイパックスの水溶液減薬について考察してみました。)

●減薬のコツ&考え方
(私が2年以上の減薬経験で得た減薬のノウハウ・考え方など)

●水溶液以外の減薬法
(水溶液減薬が難しい場合の漸減法)

●ベンゾジアゼピンの減薬・断薬
(2年以上の減薬で得た知識・経験を動画にしました。)
[広告] VPS

ベンゾジアゼピンの影響
 
(離脱症状が出る仕組み)

ベンゾジアゼピン系薬剤の継続的な介在の影響で「脳が構造的に変化を起こす」ことが耐性と依存の元凶です。その変化を元に戻していくことが真の断薬に繋がります。ベンゾジアゼピン系薬剤の脳への影響、薬を止めると苦痛を感じる(離脱症状)原理、そしてゆっくり減薬する必要性を解説しています。

●ベンゾジゼピンの影響と離脱症状
(ベンゾジアゼピン長期連用者の脳に何が起こっているのか?)


●ベンゾジゼピンの脳への影響と離脱症状(動画)
(ベンゾの影響を一人でも多く知ってもらうために動画を作りました。)

[広告] VPS

脳の回復

●GABA受容体の回復
(減断薬を成功させる鍵は、脳=GABA受容体の回復にかかっています)


減薬の考察

●ベンゾ依存と減薬についての情報
(2年の減薬で得た役に立つ情報をまとめてみました。)


●ホメオスタシス
(耐性が生じるのはホメオスタシスが働くためです)

●苦しまずに減薬するために
(減薬に根性も気合も不要)

●減薬のセオリー
(減薬で守るべきたった2つのこと)

●影響を受けた知識
(ベンゾと戦う武器は 知識)


●情報を取捨選択すること
(無駄・無益な情報を排除し、役に立つ情報だけを取捨選択する)

推奨サイト

●アシュトン・マニュアル
(ベンゾジアゼピン減断薬のバイブル。ベンゾと戦う知識はここで得ました。)


●ジャストアンサー医療
(医師が患者の質問にQ&A形式で答えてくれるサイトで、猫山司氏の減薬に対する回答が簡潔で分かりやすく、減薬の大いなる指針となりました。)


2037_01_01


断薬691日目。

今日もウォーキング30分ほど。
昨日久しぶりに歩いたせいか、足が痛い。
しかし、ストレッチしたら痛みが治まった。
運動前後のストレッチは必須です。

体を動かし、ベンゾで劣化した興奮と鎮静の舵取り方法を
もう一度 脳に思い出してもらわないといけません。

繰り返し運動することで、興奮と鎮静を繰り返せば、
それに必要な機能や受容体が回復・向上していくはず。
今の少ないGABA受容体では、自律神経を鎮静出来ないとなれば、
体(脳)がもっとGABA受容体を増やして機能強化を図るはずです。
筋トレして微細な断裂を起こした筋肉が依然より太くなり、骨折した骨が前より丈夫になるように。

ところでこんな記事を見つけました。

http://kenkounews.rotala-wallichii.com/exercise_stress_neuron_gaba_hippocampus/

>プリンストン大学の研究によると、運動によって脳が再編されて、ストレスへの耐性が増加し、不安が通常の脳機能に干渉しにくくなります。

>マウス実験において、日常的に運動できる状態にあるマウスでは、冷水などのストレスにさらされたときに、脳が示すニューロンの急激な活性によって海馬腹側部(ventral hippocampus)に生じる興奮が遮断されていたのです。 海馬腹側部というのは、不安感を制御すると考えられている脳の領域です。

>これまでの各種の研究からは、運動に抗不安効果があるということ、および運動により海馬腹側部における新しいニューロンの成長が促進されるということが明らかになっていました。

要するに、
「運動により、脳のニューロン(=神経細胞)の成長が促進され、ストレス耐性が強化され、不安に対して強くなること。」
が起こるようです。


もう一つ
■脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方
http://yo-yaku.blog.so-net.ne.jp/2014-03-21-1

>精神科医の著者は運動が症状を劇的に改善させる実例をたくさんみてきた。
最大心拍数の60-70%で運動をすると、脳が活性化する実例がたくさんのっていた。
それは、子どもから大人、老人まで効果がある。

>運動することで、脳の質量が増えたり、毛細血管が増えたりすることが確認されているという。
脳のニューロンは年齢によらず新生可能なのである。

>うつ、依存症、不安などの精神障害といわれる状態のとき、脳でなにがおきているかわかるようになり
治療薬がつくられるようになった。それまで「やるきがない」と片付けられてきたのが脳の疾患であるとわかったのは大きな進歩。
これらの疾患は3つの神経伝達物質、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンのバランス。ニューロンの新生が行われなくなる、BDNF(脳由来神経栄養因子でニューロンの新生を助ける)の不足などが原因とわかってきている。
運動は、神経伝達物質やBDNFを作りだし、自然なバランスをとり副作用なしで脳の機能を回復させバランスをとることができる。
実際に患者に試して効果が出た例もたくさんでていた。

>動かない生活は体だけでなく脳も殺してしまう。体と脳はつながっているのだ。
脳を最高の状態に保つには、体を精一杯はたらかせなければならない。

>肝心なのは続けることで、ウォーキングくらいからはじめて、続けよう。
休んだとしても、再開すれば効果は得られる、生活の習慣になるように工夫しよう。


この記事は かなりの長文なので、とりあえずここまで引用。
興味ある方はリンクからどうぞ。


このような記事は継続のモチベーションになりますね。
明日以降も頑張ります。



2017_06_22


断薬690日目

今日、会社終わってから、しばらく休んでいたウォーキングをしました。
近所の結構広い公園の中をぐるぐると周回してきました。
森や自然が多い公園の中を歩くと気持ちいですね。

今度こそ、毎日 継続するぞと意気込んでいますが、どこまで続くか・・・
しかし明日以降も頑張ろうと思います。

もちろん目的は、GABA受容体の回復と、自律神経の「興奮と鎮静の舵取り能力」を取り戻すこと。
内海氏によると、脳は回復しても7~8割だと言っていますが、
限りなく100%目指して努力することは継続したいと思います。

完全断薬された方々のブログ見ると、水泳や有酸素運動をやられている方が多いようです。
私も、それには賛成です。

運動中、私たちは興奮している状態となり、この時、心臓の拍動数は早くなり、汗が分泌されます。
このように、体を活発に活動させる時に働く神経が交感神経であり、自律神経の興奮能力が鍛えられます。

その後 ゆっくりと休息すると、脈は戻り、汗が引いていき、興奮から鎮静へ移行します。
体を落ち着かせている時に強く働く神経が副交感神経であり、鎮静能力が鍛えられます。

これを交互に繰り返すことで、興奮と鎮静の舵取り能力を鍛えていきます。
使わない機能は衰えるが、鍛えるとどんどん機能が向上していく。
鍛えることで、鎮静に必要な GABA受容体も戻り、興奮と鎮静の舵取り能力が向上するのではないかと思います。

今回、ウォーキングでは、だらだら歩くのではなく、緩急をつけて歩きました。
少し早めに歩き、汗が軽くにじんで、心拍数が上がり、軽く息があがる程度の速度で歩き、
ある程度歩いたら、ゆっくりと歩き、のんびり休息しました。

運動と休息を交互に繰り返して、自律神経を鍛える。、
そうしてベンゾで失った興奮と鎮静の手綱を 100%自らの手に取り戻すのです。


2017_06_21


先日、あるサイトに、
「断薬は 難しくないが、動けなくなるのが困る」
というコメントがあり、かなりの違和感を覚えました。

減断薬の行う目的は、「脳の回復」 です。
そして最終的には「健康や幸福であること」を目指していると思います。

断薬したけど、
酷い離脱症状が続いて、日常生活もままならないとか、
寝たきりであるとか、
近所に買い物もいけないとか、
仕事にもいけないとか・・・、

「健康を犠牲にして断薬する」のは何か違うような気がします。

大事なのは 命であり、健康です。
日常生活を快適に過ごせる QOLの質です。

私が常々 目的は「脳の回復」と言っているのは、
最終的に健康を取り戻すことが目的と思っているからです。

最終目的はそこなので、
断薬したけど、体が動かない。
というのは違うと思います。

そうならないためには、ゆっくり微量ずつ減薬すること。
そうすれば、減薬中も断薬後もQOLを落とさずにすみます。

減断薬で、脳を回復させ、薬を服用する前の健康状態を取り戻す。
これが最終目的なので 見失わないようにしてもらいたいと思います。


2017_06_19


断薬683日目


たまに、ネットで

「突然、デパスを止めても、何も出なかった」
「ベンゾを一発断薬したけど、離脱症状のようなものはなかった」

という情報に出くわすことがあります。

もちろん数日とか1~2週間の短期服用ではなく、
年単位の長期服用の話です。

ネットで出くわした情報なので、真偽を確かめる方法はありません。

仮に真実であるとして、なぜそうなるのか考察してみます。
これから述べることは、あくまで、現象から私が考察し、導きだした推論なので、ご了承ください。

大部分の人は、
ベンゾジアゼピンが継続的に体内に介在し、過鎮静の状態が持続すると、
ホメオスタシスが働き、ダウンレギュレーション(受容体減少)が起きて、耐性・依存が形成されます。

その結果、GABA機能が低下。自律神経のブレーキ機能が劣化し、
劣化分をベンゾが補助しているため、ベンゾという梯子をはずすと自律神経が暴走し、離脱症状となります。

ということを踏まえて考察すると、

一発断薬しても何も出ない人は、
過鎮静になっても、ホメオスタシスが働かず、ダウンレギュレーションが起きず、
GABA受容体が減少することもなく、耐性も形成されないと思われます。

耐性が形成されないので、
恐らく、ずっと飲んでも、薬の効きが悪くなることもないと思われます。

GABA受容体が減少していないので、GABA機能は低下していない。
ですから、ベンゾを抜いても、何も起きない 

のではないかと思われます。

そして このようなベンゾに対する反応の違う人間がいる理由は
推測になりますが、恐らく遺伝子の中にあると思われます。

同じ人間という分類の中では、遺伝子の違いは ほんの0.1%ですが、
その違いが個人差を生み出します。
DNAの塩基のわずか1個が違っていても、ある薬に対して 副作用があったりなかったりするそうです。

ベンゾに対しては、大部分の人は
ホメオスタシスが働いて、ダウンレギュレーション(受容体減少)がおき、GABA機能が低下します。
その状態で、急激にベンゾを減らすと自律神経が過興奮になり、酷い離脱症状に襲われます。
なので、徐々に減らす必要があります。

決して、一部の「突然断薬で無反応」の方達のマネをして 一気断薬などは決してしないようにしてください。



2017_06_14


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

断薬日数(自動更新)

アクセス数

Gallery

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top