FC2ブログ



 ※この記事は常に一番上にあります。最新の日記はこの記事の下にあります。

または右カラムの「最新記事」をご覧ください。

【 質問・アドバイスに関するコメントについて 】

■ブログ主は、2015年8月断薬後、ベンゾジアゼピンとは無縁な生活をしており、仕事や私生活が優先する関係上、ブログは気が向いた時の不定期更新、コメントへの返信は「出来る範囲内で対応する」というスタンスですので、返信は遅れたり、出来ない場合もあります。ご了承ください。

■離脱症状等が酷く、切迫した状況下で相談がある場合は、長文を避け、前置き等も省いて、必要な情報だけを簡潔に記載願います。必要な情報とは「服用している薬とその遍歴」特に重要なのは「状態安定時の薬の種類と量」「症状悪化時の薬の種類と量」

■質問・アドバイスに関するコメントをする前に、ブログを一通り目を通すようお願いします。
  減薬に必要な情報は全てブログに掲載しています。
(アドバイスはかなりエネルギーを使います。ブログに記述がある内容を質問するのはご遠慮ください)

■私は医師や専門家ではないので、ネットで取得出来る知識以上の回答は期待出来ません。また
素人の私が遠隔地の人の病状を文字情報のみで見抜く「診断」的なことのも不可能です。基本的に私のアドバイスは参考程度にして、最終的な方針は、医師に相談するか、ご自身で決めてください。

■減薬時の反応には個人差があるため、
記事中の「減薬の過程で人体実験によって得た知識」は、万人には当てるとは限りません。離脱症状に対する対処(ステイ・増薬等)も、一般的なアドバイスしか出来ないので、最終的には ご自身で人体実験をしながら、最善策を見つけ出してください。

最後に、断薬するためには、医師や他人を頼る「他力本願な姿勢」を「自分で考え工夫する姿勢」に改める必要があります。
数多くの方が、私のアドバイスなしに、自力で断薬され、ここに報告されてます。恐らく、ブログを細部まで見て、自分で考え・工夫して断薬まで辿り着いたのだと思われます。調べたり考えたりする手間を惜しまないことです。そうでなくては長く根気のいる減薬作業を乗り切ることは出来ません。頑張りましょう。


更新履歴
2018/5/31 断薬した方々の声 トップメニューに追加


水溶液減薬

(液体に溶かし嵩を増やして、微量漸減しやすくする手段)

[広告] VPS

年単位でベンゾジアゼピンを服用していた場合、
交感神経を暴走させないために、微量ずつ慎重に減らす必要があります。
その一手段として「水溶液減薬」があります。
文字や写真より動画が一番伝わりやすいと思い、水溶液によるワイパックスの漸減法の動画を作りました。
液体減薬は、薬の種類によって向き不向きがあります。
水が難しい場合は牛乳を使ったり、粉砕して粉にして重量を計測する方法もお試しください。
ワイパックスの場合、私自身とブログで関わった4人の方が断薬しているので、水溶液減薬に適してる思われます。

ちなみに動画中で溶けずに浮遊している粉は、ほとんどが添加物(乳糖、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、ステアリン酸マグネシウム)です。
ワイパックス1mgの場合、錠剤の重さは100mg。 
つまり有効成分ロラゼパムが1mgで、残り99mgは添加物です。
添加物の溶け具合は無関係で、有効成分の溶け具合が液体減薬の鍵を握ります。


依存の正体


★依存の元凶はベンゾジアゼピンによる脳の構造的変化★

ベンゾジアゼピン系薬剤を長期連用すると、脳が構造的・機能的変化を起こし依存・耐性が形成されます。アシュトン・マニュアルによると、2~4週間以上の使用で依存・耐性が形成される可能性があります。構造的・機能的変化とは、GABA受容体の減少と、それに伴う自律神経系の抑制機能の低下です。脳の機能低下をベンゾが支えているため、薬を止めると自律神経が暴走し、離脱症状を引き起こします。

つまり、「ベンゾジアゼピン依存の元凶は脳の構造的変化」にあり、薬を体内から抜いても終わりではなく、「脳の変化を元に戻す」ことが依存から抜け出す鍵となります。脳の回復は時間がかかるので、時間をかけて、ゆっくり減薬するのが理屈に適っているのです。



減断薬状況


10年間服用してきたワイパックス
2013/5/12に水溶液による減薬を開始し、2015/8/2 に減薬終了。
減薬期間 2 2 ヵ月 21  
2019 / 1/ 29 現在 
断薬1277日目 


現在までの経緯


薬の服用歴hospital03_b_04.png
(服用していた薬は2種類)

ワイパックス依存に至った経緯

(薬を処方する側と服用する側 共に無知な故に依存に至る)

過去に減薬に挑んだ時の話ダウンロード
(知識がなかった頃の減薬話です)

減薬の記録


減薬日記 
gi01a201502170600.jpg

(ベンゾとの戦いの 記録)

下記の月をクリックした後、右上のカレンダーで日付を指定すると日毎の記事が見れます。
%はその月の減薬率の変動です。

 
【2013年】
●6月(100⇒84%) ●7月(84⇒80%) ●8月(80⇒70%) ●9月(70⇒62%)
 
●10月(62⇒60%) ●11月(60⇒56%) ●12月(56⇒54%)

【2014年】
●2月(56⇒52%) ●4月(52⇒48%) ●5月(48⇒45%) ●6月(45⇒43%)
●7月(43⇒39%) ●8月(39⇒35%) ●9月(35⇒31%) ●10月(31⇒26%)
●11月(26⇒22%) ●12月(22⇒22%)

【2015年】
●1月(22⇒22%) ●3月(22⇒20%) ●4月(20⇒14%) ●5月(14⇒4%)
●6月(4⇒0.2%) ●7月(0.2⇒0.1%) ●8月(0%)

2015年9月以降(断薬後)は月別アーカイブでご覧ください。



減薬グラフ&一覧表  

減薬グラフ100%→0%

(減薬開始~終了の 減薬率の推移グラフと一覧表です)
 

減薬の方法


減薬の方法
(少しずつ時間をかけて減らすだけ)

水溶液減薬の手順
(離脱症状をコントロール出来る最良の漸減手段)

◆減薬のコツ&考え方
(2年以上の減薬経験で得た減薬のノウハウ・考え方)
  薬が脳の回復を促す
  
離脱症状からの回復パターンをつかむ
  
心が折れないことが最優先に
  
離脱症状発症から回復の間 脳が回復する
  
薬の量を戻すことについて
  
忍容不能な離脱症状は量を思い切って戻す
  
脳は必ず回復する
  
減薬途中は通過点ではなくスタート地点


水溶液以外の減薬法
(水溶液減薬が難しい場合の漸減法)

ベンゾジアゼピンの減薬・断薬
(2年以上の減薬で得た知識・経験を動画にしました。)
[広告] VPS

減薬の目的とモチベーション


(減薬をやり遂げるには、目的を見失わず、モチベーションを維持すること)

GABA受容体の回復
(減薬の目的は、脳の回復=GABA受容体の回復)

断薬を意識しない
(断薬するには断薬の2文字を意識から消す)

減薬のモチベーション
(最初からゴールを意識せず、近い目標を設定する)


ベンゾジアゼピン依存と離脱症状の仕組み



ベンゾジゼピンの影響と離脱症状
(ベンゾジアゼピンは脳のポテンシャルを低下させる)

離脱症状と常用量離脱
(離脱症状と常用量離脱の違い)


ベンゾジゼピンの脳への影響と離脱症状
(ベンゾの影響を一人でも多く知ってもらうために動画を作りました。)

[広告] VPS





知は力
ベンゾと戦う最大の武器は「知識」である



影響を受けた知識
(私の断薬の原動力となった最重要な知識)

ベンゾ依存と減薬の基本
(ベンゾの影響と減薬に関する基本知識)

精神薬と減薬の基本
(精神薬は人体のポテンシャルを低下させる)


ワイパックスの水溶液減薬の適性
(ワイパックスは水溶液減薬に適していると思われます)

情報を取捨選択すること
(有用な知識だけを取捨選択するべし)

薬の変更で離脱症状
(医師は力価(薬の強さ)の概念を知らない可能性あり)


必読サイト


JUST ANSWER医療
((私の減薬の基本方針は9割方 ここから情報を得る。猫山 司氏の回答がわかりやすい)


アシュトン・マニュアル
(ベンゾジアゼピン減断薬のバイブル。ぜひ読むべき)




断薬した方々の声


 
■非表示コメント Rさん 18/5/28
(ワイパックスを1年かけて断薬されたされたそうです。※非表示コメントのためリンクなし)
■Rさん=りんさん追伸 2018-06-21 13:58

■ひなさん 2018-05-25 12:09
(二年五ヶ月間かけて断薬されたそうです。)

■ころんさん 2018-04-13 17:22
(3年かけてワイパックスをカッターナイフけずって断薬されたそうです。)

■アンさん 2017-10-27 21:48
(2017/10/7に断薬されたそうです。)

■あずきさん 2017-08-02 23:24
(リボトリールと ジェイゾロフトを断薬されました。ご自分のブログをお持ちです。)
あずきの気楽に減薬生活(ベンゾジアピン、SSRIからの卒業)

■kobuchoro さん 2017-07-27 07:21
(私の同じワイパックスを水溶液で断薬し、2017/7/12に最後の薬リフレックスを断薬されたそうです。ご自分のブログをお持ちです。)
産後鬱 ベンゾジアゼピン 抗鬱剤 減薬日記♡(断薬成功)

■みいさん 2017-05-26 11:55
(医師の指導のもと入院断薬されたそうです。このような病院が増えるといいですね。 )

■非表示コメント t*****さん 17/04/14
(11年服用したロラゼパムを電子天秤で少しずつ減らし断薬されました。※非表示コメントのためリンクなし)

■ケイさん 2018-11-11 16:17
(デパスを15ヶ月かけて断薬されました。 )


(まだ全部紹介しきれていません。徐々に過去分、新規分 追加していく予定です)





2037_01_01


通販で商品の物色、購入のために 楽天やアマゾンを利用します。
今日、たまたまアマゾンにベンゾ減薬関連の本を見かけて、
興味を持ち、レビューを見てみました。

肯定的なもの意見、否定的な意見とありましたが、
この本は
 減断薬を目指している方が購入するべきではない
と感じました。

レビューを見て目を疑った部分を列挙すると

「まずは1/4カットで」
「2~4週ごとに服用量の25%ずつ減らす」
「離脱症状の半分は、精神的なもの」
「SSRIは、一気断薬可能」

どれも
「ゆっくり時間をかけて減らし脳を回復させる」
というベンゾ減薬の基本から外れており、
離脱症状が、「交感神経が暴走して過興奮が起きている状態」
であることを理解していないように感じます。

そして

「著者自身が体験者でない」

と書かれていました。

経験していない人が取材や伝聞で得た知識で書いた本より、
実際に減断薬成功している方の言葉は説得力があるものです。

減薬の本を購入する時は レビューなどをよく見た方が良いと思われます。


https://www.amazon.co.jp/%E3%80%88%E5%90%91%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E8%96%AC%E3%80%81%E3%81%A8%E3%81%8F%E3%81%AB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%BE%E7%B3%BB%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%80%89%E6%B8%9B%E8%96%AC%E3%83%BB%E6%96%AD%E8%96%AC%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%B6%8B%E7%94%B0-%E5%92%8C%E5%AD%90/dp/490796112X/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8



2019_02_18


水溶液減薬の本質とは
「微量な漸減により離脱症状をコントロールする」
ことです。

液体に溶かすことは本質ではなく
粉砕してパウダー状にして精密天秤で計量しても、カッターで削っても
「離脱症状を最小限にコントロールする」
ことが出来れば、それで良いのです。

ただ、一つ 水溶液ならではの利点があります。
それは、「水の量を増やせば、どんな超微量でも漸減が可能になる」ということです。
これは断薬直前の超微量減薬の時に役立ちました。

将来、減薬用の液体シロップのような薬が出来れば、そういう手間はなくなります。
しかし、最善は、最初からベンゾジアゼピンを口にしないこと。

「ベンゾジアゼピンを長期連用するとGABA受容体が減少し、自律神経の抑制機能が低下する」
「抑制機能=ブレーキがやられるため、過興奮=離脱症状が起こる」

つまり

「人間の体は体内の平衡を崩すものが慢性的に入ってくると、それに抵抗して体内の構造や機能を変化させて対応する」
のである。

この辺は、ベンゾに限らず、抗鬱剤とか他の薬でも同じだと思われます。
このような知識があれば、
「飲まないか、飲んでも短期間」という判断が出来ます。

もし、ベンゾで不調になり、何が起こっているのかわからない という方でここに辿り着かれたなら
この知識をしっかり覚えておいてください。
(詳しくは、トップページの記事をお読みください)

先ほど、たまたま(古い情報かもしれませんが)海外の方が 離脱症状jに耐えかねて、自死されたとの情報を見て、
お気の毒だと思ったのと同時に、今後同じようなことが起きないためにも
今 依存している人が正しい知識を身に着け、ベンゾから離脱して欲しいと思います。


2019_01_23






たまたま見つけた、2017年というかなり古いツイート(恐らく私のブログに対する)ですが、
間違いがあるので一応訂正しておこうと思います。

>錠剤を割ることでは満足できずに

満足出来ないのではなく
 「錠剤を割るような大雑把な減らし方では 酷い離脱症状が出るので そういう手段を使わざるを得なかった」
のが正しい。

>そこまでやるのはある種、別の精神症状だと思うの。

これも同じ。そこまでやるのは ではなく、「離脱症状のために やらざるを得なかった。」 のが正しい。
「別の精神状態」ではなく、異常な精神状態でも何でもなく、「目的のためにその手段が最善策として選択した」だけの話。

今、日本でも世界でも、数多くの方が「そうせざるを得ない」ために水溶液減薬を実践し、離脱症状と戦いながら減薬されているはず。
海外では水溶液減薬は、Water titration と呼ばれ you tube で動画も上がっている。

水溶液に限らず、粉砕して精密天秤で計量したり、カッターで削ったり、傍目から見れば、大変な作業だが、それは皆、断薬という目的のために必死でやっていることであって、まるでマニアか異常者であるような言い方や、高見から 馬鹿にしたようなツイートは、苦労されて人達を愚弄するものであると思う。

断薬して3年以上経過した私が、過去のツイートにコメントするのも大人げないかもしれないが、
誤った情報は訂正しておく必要があると思い、ブログに掲載した。

ツイートする人も全世界の人が見ることを考えて情報発信して欲しいと思う。

こういうベンゾジアゼピン減薬に無知な人の 無知なツイートは
微量減らしてもベンゾに反応してしまう人達のモチベーションを落とす阻害要因でしかない。

恐らくこの人は、.数多くの方が 水溶液減薬を実践していることや、水溶液減薬で断薬まで辿り着いていることを知らないのだろう。
知らないなら ツイートしないで欲しいと思う。

そして、ツイッターという「どこの誰が発信したかわからない」「言いっぱなしで責任を取らない」情報発信手段のものに影響を受けないように(特に減薬中の方)してほしい。

情報は、それを見る側が取捨選択しなければならない。

「良質な情報だけを知識として蓄えていくこと」
「不要で悪影響のある情報は捨てる」

 のが大事だと思う。
2019_01_21


少しの間、ブログにパスワードかけて見れないようにしてました。

実は、かなり前から、ブログ運営というより、
コメントに返信を返すのがかなり負担になっていました。

私は、鬱病自体は、10年以上前に治癒しており、
それ以来、休職等は一度もなく、ほとんど休まず会社通っていました。
ただ、ワイパックスを離脱症状のために止められなかっただけです。

ブログでも書いていたと思いますが、
減薬も、会社を一度も休まず行い、断薬まで辿り着いています。、
会社と私生活、減薬作業とブログ運営を両立させてきました。
それは、なんとしても減断薬したいと思っていたからです。

断薬してからは、ブログの更新頻度も段々少なくなり、
最近では、月に1~2度 になっています。

ブログを毎日は見ることがなくなりました。
断薬という目的を達成したら、ブログと疎遠になるのは自然だと思います。

コメントが入っていても、数日遅れて気づいたり、
なかなか読む暇がなく、返信が遅れたりしていました。
長文の内容の難しいものが書き込まれると、理解するだけでも大変です。 

私は、ある会社の本社で、給料計算、請求書の作成、入金確認、小口現金の管理などの経理的な仕事を行っております。お金が合わないと真っ青になったり、かなり仕事に神経すりへらしております。
ちょうど、断薬したあとくらいに、給料計算の仕事をまかされるようになり、ますます仕事にエネルギーを奪われるようになりました。

というわけで、ますますブログ更新にかける、暇や余裕がなくなってきました。
しかし、苦しんでる人の力にはなりたい。
なので、精神的に負担になっていました。

これからは、コメントの扱いについて、少し考えます。
コメントされても、(特に長文のもの)は、返信まで間があいたり、返信出来ないかもしれません。
もしくは承認制にするかもしれません。

ブログは放置気味になるかもしれませんが、
ブログ再開を感謝するコメントがあり、
こんなに頼りにされているのなら、
閉鎖はせず、情報を残そうと思います。

基本的に減薬に関する情報はブログに全て載せてあるので
私のアドバイスがなくとも、ブログをじっくり読めば、減薬可能なはずです。
私が減薬した時は、こんなにまとめられた情報はありませんでした。
今は、私のブログ以外にも、内容の濃い、情報量の多い ブログや動画あります。

私のブログから情報を得て 自力で断薬したとの感謝コメントも数多くあります。
医師や〇〇会などに 頼るのもいいですが、
やはり自分自身が積極的に情報を集め、仕組みを理解し、考え、工夫して断薬まで辿り着いて欲しいと思います。





2019_01_11


01  « 2019_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

アクセス数

断薬日数(自動更新)

月別アーカイブ

01  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  12  11  10  09  08  07  06 

Gallery

プロフィール

ワイパックス

Author:ワイパックス
ワイパックスを10年間 朝1mg 夜1mg 計2mg/日 服用していた。
過去、減薬の知識が無いままに2回断薬を試みるが、離脱症状の苦痛に耐えかねて断念。

今回は過去の失敗を糧に、十分な知識を得て減薬に再トライする。
ワイパックスはベンゾジアゼピン系の抗不安剤。依存性があり長期連用すると脳に機能的・構造的変化が生じる。具体的にはGABA受容体が減少し、自律神経の鎮静機能が低下する。そこで一気にまたは短期間でベンゾジアゼピンを止めると交感神経系が暴走する。それが離脱症状である。
なので、鎮静機能が低下した脳を、微量ずつ減薬することで徐々機能回復を図る必要がある。

水溶液減薬(薬を水に溶かして飲む量を減らす)で2013/5/12に減薬開始し、2015/8/2に断薬しました。

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




page
top